So-net無料ブログ作成

遠藤のスーパーゴールでガンバ大阪が天皇杯優勝。一方で、新年明けまして、いや負けまして・・・ピクシー・グランパス。 [J1]

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


で、さっそくですが・・・。

天皇杯決勝・名古屋グランパス VS ガンバ大阪 (1月1日、国立競技場)の試合は、1-4でガンバ大阪が優勝。

昨年に続き、ガンバ大阪が連覇を果たした。


それにしても、凄かったな、ガンバは・・・。

通常、負け試合で相手を心から賞賛することはあまりないんだが、この試合だけは別だ。

てゆーか、凄かったよ、ホント・・・。


endo yasuhito 2.jpg


2点目の事実上の決勝ゴールとなった、岡田ジャパンが誇る不動のボランチ、遠藤保仁のスーパーゴール!




これは凄かった。

ホントに凄かった。

マジで。

元旦にやることがなくて、ただなんとなく試合を見てた方も、きっとその凄さを肌で感じてしまったに違いない。

てゆーか、もうワールドクラスだろ、あのゴール・・・。


Lionel+Andres+Messi+6_400.jpg


一瞬、メッシに見えてしまったぞ、遠藤!




ガンバ大阪ではけっこう点獲るんだよな、遠藤。

昨シーズンだって10ゴールあげてるし。

これで日本代表になると、横パスやバックパスが多くて、あんまり点を獲る印象がないもんだから不思議だ。

岡田監督から「点を獲ったら殺す」とか脅されてるんだろうか?

もったいないな~、遠藤。


Endo_yasuhito.png


南アフリカでも期待しちゃってもいいのか、遠藤?





一方、我が名古屋グランパスは、残念ながら10年ぶりの優勝はならなかった。

無念・・・。

無念だぜ、グランパス。

まあそれでもしかたない。

どう考えてもガンバ大阪が上回ってたから、世間一般から見ても、この結果はむしろ妥当だ。

それこそ、我が名古屋グランパスが何かの間違いで勝ってしまい、「日本のサッカーって、こんなレベル低いの?」と思われるよりはマシだ。


south africa soccer ball girl.jpg


なんといっても、今年はワールドカップ・イヤーなんだから。





結局、まだ早いってことなんだろう、グランパス。

それでも見せ場はあったのだ。

1-1の同点ゴールのシーンはよかった。

玉田の左足アーリークロスから、ケネディがヘディングで折り返したところを・・・。


nakamura naoshi.jpg


ボランチの中村直志が難しい体勢から技ありヘッド!



FW・・・。

FWかと思ってしまったぞ、直志。

もともとはオフェンシブな選手だったんだから、得点力はあるんだよな、直志。

でもな、直志・・・。


lionel€messi_9 arzentin.jpg


こっちもこっちで、一瞬、メッシかと思っちまったよ、中村直志!




もうこれだけだった気がする。

他にチャンスらしいチャンスなんてあったっけ?

そのくらいガンバの守備はカンペキだったんじゃないの?


だいたいだぞ?

MFに明神、遠藤、そして橋本って・・・。


italy world cup 2006.jpg


もはやイタリア代表まっ青のトリプルボランチじゃないかよ!




まあこのフォーメーションが昨シーズンのスタイルだろうから今さら驚きはしないが・・・。


かたい・・・。

それにしてもかたかったぞ、ガンバ大阪ディフェンス。



でもグランパスもいい試合はしてた。

1-1の同点のまま、いい試合はしてたのだ。

そう、遠藤の決勝ゴールを決められる前までは。

その後で3点獲られようが、4点獲られようが、一発勝負のカップ戦ではあまり意味のないことだ。


SANTOS Alessandro3.jpg


惜しむらくは、今やグランパスの心臓とも言えるアレックス(三主都アレッサンドロ)が、またもやたった10分間しか出られなかったこと・・・。



清水エスパルス戦では120分出て、かなりの存在感を示してたと思うんだがな。

120分間あれだけの活躍ができるんであれば、逆に“運動量”なんていらないんじゃないのか、ピクシー?

てゆーか、他の10人にその分走ってもらえば済むとさえ思うんだが・・・。

まあこの采配に関しては未だに謎の部分ではある。


それ以外でも、この日のピクシーの采配は、例によってとんでもない采配だったよ。


ap_red_pandas_baby.jpg


もっとも、もう当たり前になりすぎて、あーだこーだいうのがめんどうだが(笑)




それでもピクシーにはピクシーでいいところもある。

世界的な大スターでもあるし、名古屋グランパスにあっては、その存在そのものが貴重だ。

監督としての手腕は疑わしいものの、名声やらスター性は変わらずあるからね。

そういう意味じゃ、サポーターとしても「ピクシーなにやってんだ」とまでは言えても、「ピクシーやめろ」とは言えんわな~。

そこはグランパスが生涯背負う宿命なのかもしれない。

いつか監督はやめても、つながりはもっていてほしいしね、ピクシーには。


ストイコビッチ.jpg


さあそんな名古屋グランパス史上最高の暴君が、来シーズンどんな“納得いかない戦い”を見せてくれるのだろうか?



甘酒でも飲みながら今年もボヤかせてもらおう。








<サッカー関連広告>

★サッカー見るならスカパーで! → こちらにどうぞ。














【サッカーショップ加茂】名古屋グランパス ホーム ユニフォーム
【サッカーショップ加茂】 名古屋グランパスエイト ユニフォーム・ファングッズ
















nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。