So-net無料ブログ作成

日本代表 VS バーレーン戦で気になったことをちょっと・・・ [日本代表]

本田圭佑があんまり凄かったもんだから・・・。

本田を絶賛するあまり、そのほかのことをなんにも書いてなかったような・・・。

なので、他にも気になったことをちょこっとだけ記録しておこう。


まず、スタメンがこう。


日本代表 (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 岡崎 慎司 
 本田 圭佑 
松井 大輔中村 俊輔
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中澤 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




これ、けっこう良かったよなー。

本田、松井、岡崎とのコンビでつないだり崩したりした場面がけっこうあったし・・・。

松井の左サイドは、ここに長友もけっこう絡んできてて、すごく良かったよなー。

松井といえば、中スポの記事にこんなことが・・・。

なんでも、松井は・・・。

「ボクが日本代表で試合に出るには俊輔さんを超えるしかない」といった本田の挑発的ビッグマウスに対してかなり好感を抱いていたようで・・・。

「やっとこういうやつが出てきた」と歓迎していたらしい。

というのも、日本代表があまりに俊輔依存となっていることに対する危機感があったからなんだそうだが・・・。

しかし、ここへきて本田がビッグマウスを封印してきたもんだから・・・。



matsui daisuke.jpg


「今度あいつ(本田)にあったら、『なんだ、もう終わりなの?短かったな』と言ってやる!」





と憤慨して、今回、本田をあおったとかなんとか・・・。

どおりで松井と本田のコンビネーションが多かったわけだ。

この2人は協力関係にあったんだね。

そうか、そうかー。

まあ、日本代表で一悶着起こしてきた本田に対して、積極的な協力者が出てきたことはいいことだよな~。



それだけに・・・。

右サイドの俊輔と本田の連携が、やはり例によって少なかったのが気になってしまう・・・。

まあ本田も・・・。



ffx anima.jpg


「まだまだ俊輔さんからのオレへのパスが少ない。オレのもらい方にも問題はある。」





みたいなことは言ってるようだが・・・。

本田のもらい方に問題があるなんてことはないだろうに。

この場合、むしろ俊輔が本田に合わせるべきだと思うが・・・。

どうなんだろう?


実際・・・。



sea2.jpg


VTRで確認する限り、前半終了間際までは「俊輔 → 本田」のパスはほとんどないようだ。





岡崎の1点目が生まれた後だろうか、俊輔が本田にパスを出すようになったのは?

これねー。

もしかしたらなんだが・・・。

俊輔はプレッシャーを感じていたのかもしれないな・・・。

というのも・・・。

1点目が、「本田 → 俊輔 → 松井 → 岡崎」と、かなりいい連携から生まれて・・・。

「これで一仕事したぜ!」って思える最高のパスだったと思うんだよね、俊輔のパス・・・。

で、あれでプレッシャーから解放されたんじゃないかと。

本田より先に結果を出したことで、特に・・・。



実際・・・。

あの後すぐだもんね。

俊輔が本田へパスを出し始めたのは。

右サイドに開いた闘莉王(トゥーリオ)からのグラウンドのくさびのパスを・・・。

中央の俊輔がスルー気味に本田ヘパスして、自身はゴール前へ飛び出し・・・。



honda keisuke.jpg


ちょうどポストとなった本田が、ダイレクトで俊輔へワンツーリターン!




DFの本田へのマークも激しかったせいで惜しくもラストパスはズレたが・・・。

まさか本田と俊輔がここまで濃密なコンビネーションを見せるとは・・・。

初めてだったんじゃないだろうか?




さらに・・・。

やはりそれまで本田へのパスを封印していたと疑われてもおかしくなかったほどパスを出さなかった長谷部が・・・。

このワンツーリターンの直後から、即座に本田へパスを出すわ出すわ・・・。

偶然なんだろうか?

それとも俊輔に気を使ってたとか?

まさかとは思うがな・・・。

まあ長谷部も・・・。


hasebe+makoto_300.jpg


「彼(本田)にはいつも刺激を受ける。チャレンジし続ける姿勢が素晴らしいし、彼の『個での勝負』へのこだわりは、外国人との戦いでとても重要になる」





と言ってドイツに戻ったそうだから、本質的には本田を認めているのは間違いないと思うが・・・。

なんだか複雑なチームの気がしないでもないね、今の岡田ジャパン。





で、後半早々、松井と森本が交代して、システムはこんな感じに・・・。


日本代表  (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 森本 貴幸 
 本田 圭佑 
岡崎 慎司中村 俊輔
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中沢 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




「俊輔 → 森本」の連携は多少見られはしたものの・・・。

森本は、全体的に目立たなかったような気もしないでもない。



Morimoto takayuki Catania.jpg


いい動きや、いい体の使い方はしてると思うんだけどなー、森本。





でも、カターニャでもそこまでゴールをあげてるわけじゃないし・・・。

最近はカターニャでもスタメンはずれてるようだし・・・。

まあ総合的に、まだまだこれからなのかもしれない。

今まで代表を辞退してたツケがまわってきたのかもね。





で、後半終了間際、俊輔と玉田が交代。

システムはこんな感じ?


日本代表 (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 森本 貴幸 
 本田 圭佑 
玉田 圭司岡崎 慎司
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中沢 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




ほとんどプレー時間がなかったわりには・・・。

玉田、いいプレーしてたんじゃないだろうか?

左サイドで、本田との見事な連携からあわや、みたいな攻撃のシーンもあったし。

そういう意味では・・・。



TAMADA.jpg


グランパスつながりの本田に対して積極的にコンビネーションを図れる点は、“本田ジャパン”における、今や玉田の強みとも言えよう!





実際、本田のゴールが生まれたのも、玉田出場後だったしね。

もっとも、玉田は直接は関係なかったか・・・。

2点目のシーンは、右サイドで遠藤が粘って内田へスルーパスを出し・・・。

抜け出した内田から絶妙な右足クロス。

それをDFをひきつけた森本が、ニアサイドでうまいことかぶったところに・・・。



honda keisuke japan.jpg


最後は、DFの背後から死角をついて飛び出してきた本田の“王様”ダイビングヘッド!





今思い出しても、なんとまあ劇的なゴールだこと。

最高だ。



ただなー。

俊輔と本田との連携がもう少し早い段階からあれば、もっと早い時間でゴールが生まれていた可能性もあったと思うんだよね。

前半40分間くらい、もったいない時間の使い方をしてた気がしないでもない。

まあ俊輔が前半に本田へパスを出さなかったのは、明らかに恣意的なものだとは思うが・・・。

後半にしても、出しどころに迷ったあげく、しぶしぶ「出してやるか」みたいな程度だったよな、まだまだ・・・。

ただ、まあ・・・。

それでも、オランダ戦のころからするとだいぶマシか・・・。



FFX2 tida2.jpg


いずれにしても、岡田ジャパンの今後の最大の課題は、この2人の“人間関係”のような気がしてしまう・・・。




もう、どこの職場も一緒だね。

逆にいえば、この2人さえ積極的に連携し合えば、岡田ジャパンはまだまだ強くなれる可能性を秘めてるとも言えそうだが・・・。




次のセルビア戦・・・。

岡田監督は・・・。



okada2.jpg


「難しいかもしれないが、海外組もできれば呼びたい」





と言ってるようだし・・・。

であれば、再度「本田&俊輔の共存」がテストできる可能性も少しはあるわけだよね?

次は、今回よりは連携も良くなっていくだろうか・・・?

俊輔の状態も心配だし、しばらくマリノスの試合もチェックしていかないと・・・。



ああ、でも・・・。



nagoya grampus soccer .jpg


今日は19時から、我がグランパスもガンバとアウェイで試合があるんだった!





まずはそっちをしっかり見ないとね。

その次だ、マリノスは。

ふー。

今日からようやくJリーグが始まるし・・・。

見る試合がたくさんあって、タイヘンだぜ、これから・・・。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


















nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 5

masa

確かに俊輔は本田にパス出さなかったですねぇ。
自分の地位が脅かされそうな奴には出さないんか!って思いましたもん。
フォア・ザ・チームとかくそ食らえ!って思ってないんじゃないかと思いましたよ。(俊輔がね。)

左サイドの松井-長友に比べ右サイドの俊輔-内田のラインからの連携した攻撃がほとんどなかったのも、俊輔はもう要らないなって思いましたもん。
今回の左サイドは機能しましたね。
今後、オカダさんが俊輔使い続ける限り、俊輔は本田と連携なんかする気がないような気がします。

話変わってグランパス勝ちましたね。やったーーーー
闘莉王もあまり攻撃参加しないで大人しくしてたし、
最後はチヨタン入れて5バック?ピクシー監督さすがですよ。
相手の意表をつく5バックで逃げ切って勝利でしたね。
さすがにあれは相手の西野監督も考えなかったでしょうね。
ナイスです(笑)




by masa (2010-03-06 22:24) 

BlogPetのえむ

がっとーりおと、遠藤もスパイクしたいです。

by BlogPetのえむ (2010-03-07 15:08) 

がっとーりお

masa さんへ

>確かに俊輔は本田にパス出さなかったですねぇ。
>自分の地位が脅かされそうな奴には出さないんか!って思いましたもん。
>フォア・ザ・チームとかくそ食らえ!って思ってないんじゃないかと思いましたよ。(俊輔がね。)

俊輔は基本的に自分がまず大事なんでしょうね。
まあみんなそれは同じでしょうが、なんだか人一倍強い気がしますねー。
それでも今回は随分マシになったとは思いますが・・・。


>左サイドの松井-長友に比べ右サイドの俊輔-内田のラインからの連携した攻撃がほとんどなかったのも、俊輔はもう要らないなって思いましたもん。
>今回の左サイドは機能しましたね。
>今後、オカダさんが俊輔使い続ける限り、俊輔は本田と連携なんかする気がないような気がします。

左サイドはかなり良かったですね。
右サイドも俊輔&内田なら技術的には十分機能すると思うんですが・・・。
人間関係って難しいですね。
ただ、個人的な経験で言えば、スポーツやってるときって嫌いな人間でも忘れられたりするもんだと思うんですが・・・。
そういう意味では俊輔も別の意味ですごい。


>話変わってグランパス勝ちましたね。やったーーーー

やりましたね、グランパス。
やる前も絶対負けると思ってましたし、やってるときも負けると思ってました(笑)


>闘莉王もあまり攻撃参加しないで大人しくしてたし、

j今回はおとなしくしてましたね。
あの中盤の不安定さでは、オーバーラップしたくてもできなかったんじゃないでしょうか?
闘莉王がとまどっているように見えて、ある意味、貴重なシーンを見ることができました。


>最後はチヨタン入れて5バック?ピクシー監督さすがですよ。
>相手の意表をつく5バックで逃げ切って勝利でしたね。

見事でしたね。
昨シーズンは似たような采配で、たしかバヤリッツァを投入してやられたことがあったような・・・。
今回は千代反田がうまくいって良かったです。
ディフェンスを強化する意味でも、5バックも今後の戦術で活用してもらいたいですね。


>さすがにあれは相手の西野監督も考えなかったでしょうね。
>ナイスです(笑)

90分通して西野監督も考えられない出来事ばかりが起こってしまったような試合でしたね。
ホント、ガンバには気の毒としか言いようがないというか・・・。
たしかに結果はナイスでしたが・・・。
個人的には内容に不安を感じてしまいました。
by がっとーりお (2010-03-09 03:48) 

えんむ

私もこの前半のフォーメーションお気に入りです。
何なら監督の首すげかえてこのフォーメーションでやればいいじゃんて思いました。俊輔もやっぱり内心じくじくしてるんですね。どれほどの才能があっても下から来るやつは嫌だと。人間なんてちっぽけんなのさ~。うふふふ~。浦和の毎年のような開幕戦敗退でラリってま~す。
by えんむ (2010-03-09 12:06) 

がっとーりお

えんむ さんへ

>私もこの前半のフォーメーションお気に入りです。
>何なら監督の首すげかえてこのフォーメーションでやればいいじゃんて思いました。

それが一番最高なんですけどね。


>俊輔もやっぱり内心じくじくしてるんですね。
>どれほどの才能があっても下から来るやつは嫌だと。
>人間なんてちっぽけんなのさ~。うふふふ~。

俊輔も年齢的に今回が最後のワールドカップだから必死なんでしょうが・・・。
正直、本田とは人間の器が違うかなと。
そうは言いながら、なだかんだでマリノスでの俊輔に注目にしてる自分がいたりしますが。


>浦和の毎年のような開幕戦敗退でラリってま~す。

浦和は本来勝負強いチームですから。
今シーズンもサポーターの圧力ある応援でチームを奮い立たせていきましょう!
フィンケならそのくらいでちょうどいいですよ。
ドイツ人は世界で一番無神経だって言われてるようですから。
by がっとーりお (2010-03-12 04:29) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。