So-net無料ブログ作成

2009年Jリーグアウォーズの感想 [J1]

2009 Jリーグアウォーズの発表があった。


★ベスト11

GK
川島 永嗣 (川崎フロンターレ)

DF
田中マルクス闘莉王(トゥーリオ) (浦和レッズ)
岩政 大樹 (鹿島アントラーズ)
内田 篤人 (鹿島アントラーズ)
長友 佑都 (FC東京)

MF
小笠原 満男 (鹿島アントラーズ)
遠藤 保仁 (ガンバ大阪)
中村 憲剛 (川崎フロンターレ)
石川 直宏 (FC東京)

FW
岡崎 慎司 (清水エスパルス)
前田 遼一 (ジュビロ磐田)







で、ここから2009年間最優秀選手は誰が選ばれるのか?


胸躍らせて期待してたんだがな・・・。








ogasawara kasima2.jpg


それがなんと、鹿島アントラーズの小笠原満男がMVPだとは・・・!?




意外だ・・・。

てゆーか、ちょっと期待ハズレだったな・・・。

受賞理由を説明してもらわないと気分が晴れないとでもいうのか・・・。



ちなみに、以下が今年の得点順位表。


 1 前田 遼一 (ジュビロ磐田) 20ゴール
 2 エジミウソン (浦和レッズ) 17
 2 ジュニーニョ (川崎フロンターレ) 17
 4 石川 直宏 (FC東京) 15
 4 佐藤 寿人 (サンフレッチェ広島) 15
 6 鄭 大世 (川崎フロンターレ) 14
 6 岡崎 慎司 (清水エスパルス) 14
 8 マルキーニョス (鹿島アントラーズ) 13
 8 渡邉 千真 (横浜F・マリノス) 13
 8 ペドロ ジュニオール (ガンバ大阪) 13
11 興梠 慎三 (鹿島アントラーズ) 12
11 イ グノ (ジュビロ磐田) 12
13 レアンドロ (ガンバ大阪) 11
14 長谷川 悠 (モンテディオ山形) 10
14 フランサ (柏レイソル) 10
14 マルシオ リシャルデス (アルビレックス新潟) 10
14 ダヴィ (名古屋グランパス) 10
14 遠藤 保仁 (ガンバ大阪) 10
14 チョ ジェジン (ガンバ大阪) 10
20 レナチーニョ (川崎フロンターレ) 9
20 ヨンセン (清水エスパルス) 9
20 ディエゴ (京都サンガF.C.) 9
23 マト (大宮アルディージャ) 8
23 谷口 博之 (川崎フロンターレ) 8
23 矢野 貴章 (アルビレックス新潟) 8
23 玉田 圭司 (名古屋グランパス) 8
23 茂木 弘人 (ヴィッセル神戸) 8
23 大久保 嘉人 (ヴィッセル神戸) 8
23 槙野 智章 (サンフレッチェ広島) 8
23 柏木 陽介 (サンフレッチェ広島) 8



小笠原の名前は23位以内にすら無い。

数字的な裏づけが少ないんだよ、小笠原の場合。

いい選手なのはサッカーファンなら当然分かってるし、「鹿島アントラーズ優勝の最大の立役者」という意味で、きっと選ばれたんだろうが・・・。

でも、なんかスッキリしないな~。




FC東京の石川直宏じゃダメだったのか?

リーグ順位はともかくナビスコカップで優勝してるんだから、「優勝チームからMVP」という意味では石川のほうがみんなが納得いくんじゃないの?

ケガで試合数が少ない中で15ゴールの4位につけてることを、この場合は評価してもいいんじゃないかと思うんだが・・・。

石川は“FW”じゃなくて“MF”なんだしね。




isikawa naohiro3.jpg


数字的にも、映像的にも、サポーターを魅了してくれた点で、僕の中では断然MVPだったぜ、石川直宏!!







そういう意味では“MVP”よりも、“得点王”のほうがスッキリしたタイトルでよかった。

もう発表前から分かってたことではあるが・・・。





maeda ryouichi3.jpg


合計20ゴールで、日本人としては高原直泰以来となる“得点王”に見事に輝いた、ジュビロ磐田のナイーブなストライカー、前田遼一!!



特に目を惹かれたのが、その受賞スピーチ。

「こんばんは、僕はちょっと人前で話すのがかなり苦手なんですけど、今日は頑張って話そうと思います。」という言葉から始まり、本人が認めているとおり、とても流暢とは思えないスピーチではあった。

ただ、よくよく見てると、カンペを読んでない。

もしかして、考えてきた文章を全部暗記してきたんじゃないだろうな、前田よ・・・?


FFX2 tida2.jpg


「開幕から何試合もゴールができず、チームが勝つことができないときでも、熱い応援をしてくれたジュビロ・サポーター、ホントにありがとうございます」

この言葉を象徴的に、どの選手よりも長時間にわたって話すその姿、そしてその一生懸命伝えようという気持ちは、20ゴールという数字以上に僕の心に響いたぜ、前田遼一!!





最近では、試合でもゴール後にガッツポーズをするようになってるし、アピールが苦手なりにも、がんばってる前田の姿がなんとも心地いいじゃないの。

前田本人は知らないだろうが、実は僕は前田の友達の友達なんだよな・・・。

その友達から「前田はそういうの苦手なんだよ」と以前聞いてたから、この日の懸命なスピーチに心打たれてしまった。



2010年は南アフリカ・ワールドカップがあるしね。


maeda ryouichi2.jpg


当然、日本代表でも大ブレイクを期待してるぜ、前田遼一!!





我が名古屋グランパスの選手からはベスト11に入った選手はいなかったのがちょっと残念ではあった2009年Jリーグアウォーズ。

でもまあ今年の戦績じゃしょうがないよ。


9位なんだから・・・。


ACLで優勝でもしてればまた印象が違ったんだろうけど。


ただ、いつになく人材はそろってるのだ。

来年は1人くらい受賞してもらえるよう、今年以上にがんばってもらおう。

特に、この男に。




kenedy grampas.jpg


名古屋の“ジーザス・クライスト”にして、オーストラリア代表FWジョシュア・ケネディ!!!



期待してるぞ!






<サッカー関連広告>

★サッカー見るならスカパーで! → こちらにどうぞ。





















【サッカーショップ加茂】FC東京 ホーム ユニフォーム
【サッカーショップ加茂】 FC東京 ユニフォーム・ファングッズ

【サッカーショップ加茂】ジュビロ磐田 ホーム ユニフォーム

【サッカーショップ加茂】 ジュビロ磐田 ユニフォーム・ファングッズ

【サッカーショップ加茂】名古屋グランパス ホーム ユニフォーム
【サッカーショップ加茂】 名古屋グランパスエイト ユニフォーム・ファングッズ












nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 2

nobuchya

アウォーズにエンターテイメント賞(観客を沸かせるコトを基準)が、あったなら
ストイコビッチ監督が受賞してたはず。(例のロングシュート)
by nobuchya (2009-12-08 21:11) 

がっとーりお

nobuchyaさんへ

>アウォーズにエンターテイメント賞(観客を沸かせるコトを基準)が、あったならストイコビッチ監督が受賞してたはず。(例のロングシュート)

エンターテイメント賞があったらいいですね。
ピクシーならその可能性は大いにあったかもしれません(笑)
目立ちたがり屋なんで、今後もそういうとこだけは期待してます♪
(ホントは監督よりもまだ選手でやりたいんじゃないだろうか、ピクシー?)
by がっとーりお (2009-12-08 22:54) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。