So-net無料ブログ作成
検索選択
日本代表 ブログトップ
前の10件 | -

パラグアイ戦は寝れる! [日本代表]

昨日、日曜日は競馬宝塚記念(G1阪神芝2200)が行われた。

我が本命のジャガーメイルは、見る影もなく8着に大撃沈・・・。

やはりそんな簡単なもんじゃねーぜ、競馬は。


そして今日、月曜日の天候。

あろうことか、ここ名古屋の最高気温は33度超ときたもんだ。

それも朝からすでに暑い、いや、熱い。

おかしーなー。

梅雨じゃなかったのか、世間は?

名古屋はちっとも雨が降らねーぞ。

降っても小雨程度しか降らない。

おかげで・・・。

仕事中、あまりに暑すぎて死ぬかと思ったぜ、マジで。

頼むから、もう少し激しい雨降ってくれ、名古屋。


しかし、この体調の苦しさの発端は、宝塚記念や暑さだけに起因しているわけではない。

そう、最大の原因は分かっているのだ。



ap_red_pandas_baby.jpg


そう、それは寝不足・・・。





6月25日(金)の朝方に行われた、日本代表 VS デンマーク戦。

こいつを寝ずに見てしまったせいだ。

その後遺症か、いまだに疲れがとれない。

そして、そのまま仕事に行ってしまったその日の苦しさときたらもう。

まるで拷問のようだったぜ。

ただし。

このような苦しい思いをしながら仕事をしていたのは、きっと私だけではあるまい。

なぜならば・・・。


japan soccer suporter.jpg


午前5時以降の平均視聴率が、なんと40.9%なんだって?


しかも、最高視聴率は46.2%とは!




すごい数字じゃねーか、コレ。

10人中、4~5人が見てたってことだもんな。

そして、そのまま寝ずに仕事へ行き・・・。

私同様、拷問のような1日を過ごしていた方も少なからずいたに違いない。




ただ・・・。

今度はそんな思いはしなくてもよさそうだ。



132026_I+laugh+at+your+pathetic%20iPod+Touch!.jpg


明日の決勝トーナメント1回戦、岡田ジャパン VS パラグアイ戦は、22時から2時までだからね。




それなら3時間くらいは寝れる。

あー、よかった。

そしてその日は周囲の人々とワールドカップについて思いっきり語り合うことにしよう。

「パラグアイ戦の本田、凄かったよな~!」

とか、

「闘莉王(トゥーリオ)だよ、やっぱり」

とか・・・。

ぜひ語り合いたい。

不覚にも、デンマーク戦後はできなかったからね。

あまりにも体調が苦しくて。



honda keisuke japan 9.jpg


「本田の無回転フリーキック、やべー[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]




とか・・・。



honda endo japan.jpg


「遠藤のフリーキック、すげー[キスマーク]




とか・・・。



honda okazaki japan.jpg


「本田、よくあそこで岡崎にパスしたな~。岡崎も少ない時間でよく結果出した[手(グー)]



とか・・・。

周囲の岡田ジャパンを絶賛する会話を耳にするのが精一杯。

もはや苦しさで心ここにあらずとでも言うのか・・・。

イカン。

イカンぞ、そんなんじゃ。

4年に1度のワールドカップなんだから。

体調だけは万全にしておかないと。

というわけで、パラグアイ戦は、その前後でしっかり休養をとることを心がけることにしよう。




そして。

私がパラグアイ戦で期待する選手は、もはやこの男しかいない。



honda keisuke japan 10.jpg


先のデンマーク戦で、後世の歴史に残るスーパーフリーキックを決めて、“FIFA年間ベストゴール賞”候補に浮上したとの噂もある、本田圭佑!




と言いたいところだが・・・。

実は本田ではない。

いや、確かに本田は凄かった。

それも、誰にも分かりやすいほどに。

カメルーン戦に続いて、デンマーク戦でも“マン・オブ・ザ・マッチ”に輝いたのも当然だ。

もともと「このブログは本田応援ブログなんじゃね?」と思うほど本田を大絶賛し続けてきてるわけだし、そこにケチをつけるつもりは全くない。

もう今の本田人気はハンパじゃないしね。

「ヨーロッパでの市場価格は22億円にまで高騰」なんて噂もあったり・・・。

CMのオファーも殺到だとかなんとか。

そりゃ、そうだろうよ。

デンマーク戦での試合後インタビューで、「この程度では満足できない」とか、「優勝」とか口にしてるんだから。

見ているこっちの期待がドンドン高まり、盛り上がっていくのを自分自身でも感じてしまう。



ただし。

デンマーク戦での本田は恵まれていたとも言えると思うのだ。

てゆーか、“引き分け”でもいい状態だったわけだからね、岡田ジャパンは。

「勝たなければグループリーグ敗退」のデンマークは、それこそ“肉を切らせて骨を断つ”くらいの気持ちで戦っていたに違いない。

つまり、ハナから日本に“肉は切らせてくれた”とでも言うのか・・・。

そういう意味では、“骨を断とう”と攻めてきたデンマークを、PKによる1失点に防いだディフェンス陣こそ、私は最大限に評価したいのだ。

特に、最も際立っていたのが・・・。



TULIO.jpg


強化試合でいいところなく敗れた日韓戦では、自身の不在によってその存在の大きさを改めて世間に知らしめた、実はグループリーグ3試合トータルのMVPなんじゃないかとさえ思う、田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)!




やっぱり・・・。

ハンパじゃない気がするのだ、闘莉王(トゥーリオ)の存在は。

あれだけデカくて強いオランダやデンマークやカメルーン選手相手に、ほぼ全部ヘディング勝ってるのは凄すぎる。

そして、単にDFという選手単体におさまらず、あの攻守ともに際立つ存在感の大きさはどうだ。

アルゼンチン代表監督のマラドーナが、メッシを「ケーキのイチゴのようなもの」と評したが・・・。

闘莉王(トゥーリオ)も私にとっては“イチゴ”に見える。

なんでも、デンマーク戦での決死のディフェンスの結果、臀部を打撲したとのことで、そのケガの度合いがかなり心配ではあるが・・・。

やってくれるんじゃないだろうか、パラグアイ戦でも。



たしかに、まだゴールはない闘莉王(トゥーリオ)ではある。

しかし、同じくJリーグで活躍している韓国代表DF李正秀(イ ジョンス)が今大会2ゴールをあげているのだ。



tulio Japan.jpg


おそらくは互角の得点感覚をもつ闘莉王(トゥーリオ)であれば、ワールドカップでゴールする資格は十分備えているんじゃないだろうか?




そう、パラグアイ戦は闘莉王(トゥーリオ)のゴールによって、1-0で岡田ジャパンの勝利!

そんなシーンを思いっきり期待することにしよう。

楽しみだ。





blogram投票ボタン




★ワールドカップ見るなら、スカパーで!
     ↓





鉄壁

鉄壁

  • 作者: 田中 マルクス闘莉王
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本













nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村俊輔と本田の同時起用だけはやめてくれ、岡田監督! [日本代表]

南アフリカ・ワールドカップ、グループE・第2戦、日本代表 VS オランダ代表の試合は、0-1で惜しくも日本代表は敗れた。

が、そうは言ってもまあ、最小得失点差での敗戦だしね。

相手は優勝候補のオランダなんだから。

結局、得失点差で日本がデンマークを上回ったため、最後のデンマーク戦は引き分けでもいいという状況なんだって?

最高じゃねーか、岡田ジャパン

そうかー。

そうか、そうかー。

引き分けでもいいんだったら、ここは決勝トーナメント行けちゃうんじゃないの、岡田ジャパン?



TULIO.jpg


この日のオランダ戦で攻守ともに大活躍だった田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)がいるしね!




ヘディング、全部勝ってたんじゃないだろうか、闘莉王(トゥーリオ)?

そして、試合終了間際にはFWのポジションに入り、パワープレーからの岡崎へのヘディング・ラストパス。

あれを岡崎が決めていたら、この日のMVPはきっと闘莉王(トゥーリオ)だったに違いない。

なんとも頼もしい男だぜ、闘莉王(トゥーリオ)。

デンマーク代表のベントナーだろうがなんだろうが、闘莉王(トゥーリオ)が気合で全部シャットアウトしてくれることを期待することにしよう。




ただし。

このオランダ戦で決定的に気になったことが1つだけ・・・。

それは何かと言えば・・・。






途中出場だった中村俊輔を、あろうことか、またしても本田圭佑と同時起用したこと!





イカン。

イカンぞ、岡田さんよ。

これだけは、もはやこの岡田ジャパンではタブーになっていたはず。

昨年の今頃からずっと本田と俊輔との共存をはかってきたものの・・・。

この2人が同時にピッチに立つと、チーム自体がおかしくなってしまうのはサポーターにとっても周知の事実なんじゃないだろうか。





なにしろ、俊輔ときたら、本田にパス出さねーんだから・・・。





この日のオランダ戦で俊輔がプレーしたのは全部で26分間。

そのわずか26分間の中で、「俊輔がここで本田にパス出せば決定的シーンが生まれていたかも!」と私個人が思ったシーンが2度ほどあった。

が、それでもやっぱりパス出さねーんだな~、俊輔。

しかも、そこでパス出さないもんだから、判断が遅れてしまい、自らがボールを相手に獲られてしまう始末。

ここまで徹底されると、ある種の凄みすら感じるぜ、俊輔。

この試合がワールドカップという最高峰の舞台であることを考えても、もう俊輔個人が考えを改めることは絶対にあるまい。

だからこそ私は岡田監督に言いたいのだ。



inshu unten.jpg


中村俊輔と本田圭佑を同時起用しないでくれ、と。





最悪の場合、「スタメンの本田を交代させて俊輔の途中出場」っていうパターンでもかまわないぜ、私は。

そのほうがチーム全体を考えるとまだマシだ。

本田にしたって、自身のプレー評価が無駄に下がることは無くなる。



幸いなことに、次のデンマーク戦は得点は必要ない。



ap_red_pandas_baby.jpg


0-0の引き分けでもいいんでしょ?





てゆーか、イングランドからは「ネガティブすぎる」と酷評されるほど守備的な岡田ジャパンにとっては、それが一番現実的な突破スコアなんじゃないかとさえ思う。

それなら本田のゴールは必要ないし、 闘莉王(トゥーリオ)のオーバーラップも必要ないし・・・。

デンマーク側は「大久保と松井に注意」と考えてるみたいだしね。

たしかに、今大会、動きだけはいいからなー、大久保と松井。

ゴールの匂いはまるで感じないものの、2人のその躍動感はインパクト絶大だ。




さあ、次のデンマーク戦、岡田監督は本田をまたまたスタメン起用してくるだろうか?

そして、松井や大久保がヘバッたタイミングで、俊輔を途中起用してくるのだろうか?



paris-hilton-broke_convert_20090606025943.jpg


その結果、デンマークどうこうではなく、岡田ジャパンが勝手に自滅してしまうパターンをまたまた繰り返してしまうのだろうか?




そんなことにならないよう・・・。

本田と俊輔の同時起用だけは絶対にないよう、頼むぜ、岡田監督。






人気ブログランキングへ



★ワールドカップ見るなら、スカパーで!
     ↓

















nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

本田圭佑は岡田監督から信頼されている! [日本代表]

南アフリカワールドカップ日本代表 VS カメルーン代表の試合・・・。

まさか1-0で日本代表が勝ってしまうとは!

どっかの国ではこう言われてるんだって?


viking supporter soccer.jpg


「今大会最大級の大番狂わせ」




そりゃそうだわな~。

カメルーンのシュート数11本に対し、日本はシュート5本。

しかも、決定的チャンスはカメルーンのほうが断然多かった。

ボールポゼッションもカメルーンのほうが上で、数字だけでなく内容的にもカメルーンのほうが上だったのは明らかだ。

にもかかわらず、岡田ジャパンはたった1本の決定的チャンスを見事にものにしてしまったというのだから・・・。





今や岡田監督から絶大の信頼をされている感のある、岡田ジャパンの中心的存在と言っても過言ではない、本田圭佑のゴール!




さすがだ、本田。

チャンピオンズリーグのセヴィージャ戦で値千金のフリーキックを決めたときも感じていたが・・・。

まあ大舞台に強いというか・・・。

“お祭り男”のような気がしてしまう。

その本質は、玉田や大久保と同じなのかもな。



honda goal japan soccer.jpg


自ら、「持ってるな~」と豪語するだけのことはあるぜ、本田圭佑!




おかげでな~。

次の日がもう楽しくて楽しくて。

見よ、この新聞の1面の数々。



honda newspaper.jpg


これも!







honda newspaper 3.jpg


これも!







honda newspaper 2.jpg


これも!







honda newspaper 4.jpg


これも!





本田一色とはまさにこのことだ。

コレだよ、コレコレ。

コレが欲しかったのよ、私は。

なんでも、深夜の時間帯にもかかわらず、最高視聴率が49%もあったんだって?

たしかに過去のワールドカップの試合では低いほうにランクされるそうだが・・・。

それでも2人に1人が見ていた計算になるとは!

すごいことだよ、コレは。



KOKURITSU KYOGIJO.jpg


なにしろ史上最低の不人気ジャパンだからね[キスマーク]





みんな「ワールドカップなんて見ない」とか言ってたのに、もう(爆)

いや~、意外だ。



そして、意外と言えば、本田のゴールパフォーマンス。

ゴール後ベンチに走っていったのは、「23人みんなで戦っているのを示したかった」という思いを込めてのものだったとかなんとか。

どおりでおかしいと思ったぜ。

いつもならサポーターへ向かってガッツポーズをするもんな~。

それだけこのチームには確執、ゴタゴタがあって、みんながバラバラだったということなんだろう。



stankovic intel.jpg


セルビア戦・・・0-3で敗戦。





朴智星.jpg


韓国戦・・・0-2で敗戦。





Wayne Rooney 2.jpg


イングランド戦・・・1-2で敗戦。





Didier Drogba.jpg


コートジボワール戦・・・0-2で敗戦。





強化試合で怒涛の4連敗してりゃあ、そりゃ嫌な雰囲気にもなるわな~。

ただまあ、カメルーン代表も負けじと「7戦連続、勝利無し」という状況だったようだし、岡田ジャパン以上にゴタゴタだった可能性はあるのかもね。

エトーは機嫌を損ねて直前まで行方をくらましていたし・・・。

GKカメニとMFソングはいったいなぜこの大一番で出てこなかったのか・・・。

毎回ながら思うが、不思議だ、カメルーン代表。

なんだか、ダメなチーム同士が戦って、なんとか1-0で日本代表が勝利した、なーんて見方もできなくもない。

本田自身、「カメルーンの選手は調子がよくなかった」と言っていたようだし、そこは冷静に分析しておいたほうがいいのかもしれない。




それでもまあ勝ちは勝ちだぜ。

私はあまり勝敗にはこだわるほうではないのだが、この勝利はデカい。

「引き分け」じゃなく「勝ち」なのだから。



japan soccer suporter.jpg


なんでも、初戦で勝ったチームは86%の確率でグループリーグ突破できるデータがあるんだって?





sea2.jpg


加えて、初戦で負けたチームは90%以上の確率でグループリーグ敗退するデータもあるとか?




となると、初戦で敗戦を喫したカメルーン&デンマークはやばいし、初戦を勝った日本代表はかなりいけてしまいそうな気が・・・。

この二重に有利なデータが勇気100倍だ。



とはいえ、個人的には岡田監督のサッカーには相変わらず不満タラタラなんだけどね。

もしこの試合に石川直宏がいたらとか、前田遼一がいたらとか、いろいろ考えてしまった。

本田のゴールなんて、一瞬、前田のゴールかと思っちまいそうだったぜ。

ただまあ、そういう不満は変わらず残っている一方で、岡田監督にギリギリ我慢するというか、評価している部分もあることはあるのだ。



honda tulio.jpg


それは、本田圭佑&闘莉王(トゥーリオ)を起用してくれていること・・・。




これがあるから私はまだ我慢して気を静めて試合を見ていられるのだ。

だってそうだろ?

“運動量”とか、“ディフェンス力”とか、“走力”とか、そういったものをまず重視して選手を評価するのが岡田監督のはずなのに・・・。

この本田圭佑&闘莉王(トゥーリオ)の2人だけは23人の中でもかなり異色。

足は遅いわ、運動量やディフェンス力だけならもっと他にいい選手がいるはずだ。

にもかかわらず、どういうわけだか岡田監督はこの2人を90分フルに起用してしまった。

まあ闘莉王(トゥーリオ)はオシム時代から含めて4年間の実績があるし、このチームの精神的支柱となっているから今さら驚きはしない。

でも本田は昨年9月ころには「中村俊輔の控え」とか言われてたんじゃなかったっけ?



abu-dhabi-camel-farm.jpg


それが今や立場が逆転して中村俊輔がサブメンバーに名を連ねることになろうとは[雷][雷][雷]




加えて、この日もMVP級の大活躍をしていた右サイドの松井、左サイドの大久保、MFの長谷部の3人が、岡崎、矢野、稲本に途中交代する中・・・。

どういうわけだか本田は90分間最後まで慣れない1トップで残り続けた。

聞けば、運動量も、3位の長友をおさえて本田は2位だったとか。

たしかに、ここ何ヶ月か前からの岡田監督の発言を聞いていても、本田に対する評価が変化していったのは感じてはいた。

でもさー。

相手はあの岡田監督だからね。



okada2.jpg


FC東京の石川直宏やジュビロ磐田の前田遼一をいとも簡単に23人から締め出した岡田独裁監督だから・・・。




だから心のどこかで不安はあったのだ。

カメルーン戦では本田はいきなり控えに戻ってしまうんじゃないかと。

守備的な布陣のもとで居場所なんか無くなってしまうんじゃないかと。

だが、もうこの試合で私は確信を抱くことができた。

本田が値千金のゴールを決めたからとか、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたからとか、そういうことだけでなく・・・。

本田自身、「守備は常にベストを尽くすが、後ろの選手が頑張った。特に後半に相手がボンボン蹴ってきてからは守備陣が頑張ってくれたと思っている。」と言っていたくらい守備が重視されたこの試合の中で、本田が90分フル起用されたことを含めて・・・。



honda okada japan.jpg


本田圭佑が岡田監督から絶大な信頼をされているのは、もはや疑いようがない[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]




そう、間違いないはずだ。

極端な言い方をすれば、本田と心中さえ考えているのかもしれない、とさえ思う。

まあこのチームの場合、ゴールの匂いがするのは本田か闘莉王(トゥーリオ)くらいしかいないしね。

あるいは、我々サポーターが感じるのと同様、“「何かやってくれる」的オーラ”を岡田監督自身も感じているのだろうか?

だから私は、本田圭佑&闘莉王(トゥーリオ)を起用してくれるのであれば、残る試合も岡田監督をかろうじて支持することにしよう。

“満足”と“不満”が共存するという、自身でさえいまいちよく分からない複雑な感情を抱えてはいるが、現段階ではギリギリ“満足”が勝っているから・・・。






holland+supporter_425.jpg


さあ19日(土)はオランダ戦。





おそらくオランダには負けてしまうだろうし、一番大事なのはデンマーク戦だとは思う。

ただね。

あわよくば引き分けくらいならあるかもしれないし、負けるにしても0-1とかならなんとか可能なんじゃないだろうか?

デンマークはオランダには0-2で負けてるしね。

そのあたりの得失点差も意識して戦っていくべきだとは思う。

いずれにしても、オランダ戦でも本田圭佑を必ず起用してくれよ、岡田監督。

ああ、あと3日か・・・。

楽しみだ。





人気ブログランキングへ



★ワールドカップ見るなら、スカパーで!
     ↓



















nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

岡田監督でいいのか?今こそ闘莉王の大暴れを! [日本代表]

サッカー日本代表 VS 韓国代表の試合(5月24日、埼玉スタジアム)は、0-2で韓国の圧勝に終わってしまった。

さすがは“韓国史上最強”と評されるだけのことはある。

開始早々、いきなりだったもんなー。



朴智星.jpg


恐れていたマンチェスターUの朴智星(パク チソン)のスーパーゴール[サッカー]



世界の朴智星(パク チソン)のすごさを見せつけられてしまった気がする。

イングランドでは“ディフェンシブ・フォワード”とか言われてるんだっけ?

ディフェンシブでもなんでもないじゃねーかよ、あのゴール。

個人的には、オランダ戦で決められたゴールに近いショックを受けてしまった。



そして試合後、その朴智星(パク・チソン)が流暢な日本語を駆使してまたまたこんなことを。



ap_red_pandas_baby.jpg


「日本代表は僕がいた10年前より弱くなっている」





東アジアサッカー選手権のVTRの印象から、この試合が始まる前からも同じ事を言ってたよな?

で、実際に試合してみたらやっぱり弱かった、と。



でも、たしかにその通りだったぜ。

私も試合を見て同じような感想をもってしまった。

世界の朴智星(パク・チソン)から改めて心配されるまでもない。



sea2.jpg


よえー。


あまりにもよえーぜ、岡田ジャパン・・・。





たしかに韓国は強かった。

大半をディフェンシブな選手でかためて、まさにワールドカップ仕様というか、まるで今季のUEFAチャンピオンズリーグで優勝したインテルのようだった。

いや、インテル以上かもな、あの厳しさや激しさは。

もうちょっと自由にやらせてくれる印象があるよ、インテルのほうが。



honda keisuke.jpg


メディアがあおるだけあおったことで日本中から期待されていたCSKAモスクワの本田圭佑は、徹底的にマークされて何もできず・・・。





Endo_yasuhito.png


今年になって突然不調まっしぐらのガンバ大阪の遠藤はさらなる不調ぶりを露呈し・・・。





Diamond_ring_1998_.jpg


岡田監督から絶大の信頼を置かれる横浜マリノスの中村俊輔に至っては、あまりにも消えすぎていてどこにいるかさえ分からない始末・・・。




てゆーか、普通の縦パス一本でもまともに通したのか、俊輔よ?



あげくの果てには、視聴率が関東地区で17.9%だったと言うが・・・。

ジーコジャパン時代はこの時期に30~40%くらいあったらしいから、それと比べてもあまりに低い数字だ。

おそらく試合を見て直感的に「つまらねー」と思ってすぐチャンネル変えたんだろうな、視聴者も。

それでも最高視聴率は25%くらいあって、岡田ジャパンとしてはかなり高かったらしいが。

次のイングランド戦に向けてメディアもサポーターも期待が失せてしまっているのは間違いない。




okada2.jpg


さあ、この最低最悪の状況を前にして果たして岡田監督はどうしようというのか?




「監督続けていいんですか?」とか言って犬飼会長に進退伺いしてる場合じゃねーんだぞ、岡田さんよ?

それに、まだ23人確定するのに6月1日まで期限はあるんだぜ?

「先に失点したらウチの場合は苦しい」とか言い訳してるみたいだけど・・・。

そんなの分かってたことじゃねーか。

本田を除いた22人はみんな、あなたが世論を無視して独断的に選んだ“ディフェンダー”なんだから。

FC東京の石川直宏を外したのも・・・。

ジュビロ磐田の前田遼一を外したのも・・・。

最近は結果を出してるとはいえないカターニャの森本やアルビレックス新潟の矢野をサプライズ選出したのも・・・。

本質的にはFWであるはずのヴィッセル神戸の大久保や清水エスパルスの岡崎をサイドのMF起用してるのも・・・。



okada2.jpg


あくまでも“運動量”とか“献身的なディフェンス”だけに全てを託した結果なんだろ、岡田さんよ?




さあ答えを聞かせてもらおうじゃないか、岡田さん。

あなたが絶対不可欠と唱えていた“運動量”とか“献身的なディフェンス”をもってして、この日の苦しい状況を打破できたのかどうか。

1点リードされた状況から同点に追いつくことができたのかどうか。

そして、サポーターに対して“希望”を持たせる試合内容を展開できたのかどうか。




答えなんて最初から分かっていたがな。

別にね。

いいんだよ、韓国相手に負けてしまったとしても。

そりゃ、屈辱は晴らしてもらいたかったのは事実だけど、あそこまで強い韓国相手に「楽勝で勝て」なんていう無茶を言うつもりはこっちにもない。

そこまでサッカー素人じゃないんだから。

そんなの開始10分くらい試合を見れば誰だって感じる。



Sahara_desert.jpg


だけど、どんなに絶望的な状況下にあっても“希望”は必要だろ、選手にもサポーターにも?




後半早々にして、俊輔、本田、遠藤を下げたのは内容的にしかたないにせよ、途中から入ってきたのが中村憲剛、森本、矢野と、“運動量”はあっても“得点力”としては実績の足りない選手ばかりでは・・・。


だからもう以前から私は切望してるのだ。



isikawa naohiro1.jpg


FC東京の石川直宏を呼んでくれと!





maeda ryouichi3.jpg


ジュビロ磐田の前田遼一を呼んでくれと!





物理的にはまだ間に合うんだよね、6月1日期限なんだから?

聞けば俊輔は「足が痛い」とか言ってまたまた子供みたいな言い訳をしてるようだけど・・・。

もう随分前からそんなことばかり言ってないか、俊輔?

一向に治る気配がないじゃん。

まあ、ケガが治らないことを責めたてるつもりはないのだ。

もう30才超えて、年も年だしね。

治りにくいのは仕方がない。

でも、ワールドカップという4年に1度の大舞台に、結果を出してる選手を犠牲にしてまでそんな選手を呼んじゃいかんだろ。

ここはケガを理由に辞退してもらい、新たに“希望”を抱かせてくれる選手を呼んでもらいたいもんだ。






なにしろ、アンケート結果はこうなんだぜ?





現時点で、142票の投票があって、うち140人が前田のメンバー入りを切望しているようだ。

いや、「その他」投票の方1名の「岡田監督のもとでプレーする必要はない 」とのコメントから察すると、事実上141名が望んでいるといってもいいのかもしれない。

割合に換算すると、141÷142=約99% か・・・。

恐ろしい支持率なんじゃないのか、この99%っていう数字は?

別にね。

なにがなんでも前田を起用してくれって言ってるわけじゃないんだよ。

この日の本田のように、周囲とのイメージが共有しきれてないことでゲームに入れないこともあるし、そもそも徹底的にマークされれば近代サッカーではどんな選手も太刀打ちでできないとも思う。



maeda ryouichi2.jpg


でも、昨シーズンのJ1得点王にして、かつ今シーズンもゴールを量産してる前田遼一を、23人枠にも選ばないだなんて!





“希望”という視点から見れば、岡田さんのサポーターへのこの行為はあまりにもサディスティック・・・。

あったのは“絶望”だけだ。




それでも・・・。

唯一残された“希望”がまったくないわけでもないか。

絶対的に欠けちゃいけなかった選手がいなかったもんな、この韓国戦は。



TULIO.jpg


万年中位にして“デタラメ・サッカー”に拍車をかけている我が名古屋“ピクシー”グランパスを、現時点でアンビリーバブルな2位にまで押し上げる原動力となっている、最高にして最強の“オフェンシブ・ディフェンダー”、田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]




まさか試合直前に肉離れが判明するとは。

幸い、ニュース記事では大きなケガではないとのことだが。

闘莉王(トゥーリオ)の不在が痛かったのは間違いない。

何よりメンタル的に闘莉王(トゥーリオ)に代わる選手なんて、未来永劫現れるのかどうか。

この試合を外から見ていた闘莉王(トゥーリオ)のコメントがこう。



Zidane 1.jpg


「悔しい。もっとみんなガンガンやるくらい厳しくしないと。きのうイエローカード2枚? 3枚? それだけ? 国際試合は少々ファウルじゃないとボールも取れない。オレがいたら4枚だった。」





Merkava_4_main_battle_tank_Israeli_Army_Israel_001.jpg


「もう戦争ね。殴られたら殴り返す。いや、先に殴ったほうがいいんじゃないか。やられてからやっていくのでは手遅れ」




この言葉・・・。

到底、子供には聞かせられる言葉じゃないのは間違いない。

日常生活をしていくうえでのモラルという視点で見れば、近代国家としてはあってはならない危険ワードもタップリだ。

でも・・・。

言ってることは当たってる気がする。

そもそもがサッカーはモラル的に素晴らしいスポーツとは言えないしね。

ヨーロッパをルーツとしてるスポーツだけにそこは仕方ないのかも。

他の選手が「連携」だとか「体調」だとか物理的な言い訳に終始しているのに対し、闘莉王(トゥーリオ)だけが「メンタル」に敗因を求めている。

やはり切り口が違うよな、闘莉王(トゥーリオ)は。

逆にいえば、闘莉王(トゥーリオ)は状況のせいになんてしない人間だってことだ。

韓国が強かろうが・・・。

日本が弱かろうが・・・。

主力選手がケガをしてようが・・・。

連携がバラバラだろうが・・・。



フランス革命.jpg


「ガタガタうるせーんだよ、お前ら。いくぞ」





と、闘莉王(トゥーリオ)なら一蹴するに違いない。

そういう姿に“希望”がもてるのだ、私は。

ガタガタ・グランパスでも何度そういったシーンを目にしてきたことか。

世界にもその名が轟く浦和レッズじゃないんだぜ?

万年中位の名古屋グランパスなんだぜ?



Stojkovic piksi.jpg


それも、最近でこそマシになってきたが、ちょっと前まではピクシーの目も当てられない采配によってそれはもうグチャグチャだった名古屋グランパスなんだから。




そのグランパスが現時点でリーグ2位。

闘莉王(トゥーリオ)さえいれば、この日の岡田ジャパンもまるで別のチームになってた可能性はあったんじゃないかと個人的には推測してしまう。

自らの能力はもちろん、他選手への影響力がハンパじゃないしね、闘莉王(トゥーリオ)は。

闘莉王(トゥーリオ)がいたら、俊輔も「足がいたい」だなんて言ってられなかったはずだ。

遠藤だって気合を注入されたんじゃないだろうか?

トラップミスが目立っていた本田も、ドヤされることで集中できたかもしれない。

それが今現時点でかろうじて絞りだせる希望・・・。



さあ5月30日(日)のイングランド戦は果たしてどうなるだろうか?

岡田監督は本田、俊輔、遠藤をどう起用してくるのだろうか?

あるいは、この中からスタメンをハズれるとするならば、果たして誰なのだろうか?

やはりこれまでの積み上げを重視して、俊輔、遠藤と心中するつもりなのだろうか?

闘莉王(トゥーリオ)は守備的な岡田監督の戦術にすでに不満を抱いてるようだが・・・。



Active_Volcano_Screensaver_14107.jpg


昨シーズン、浦和レッズで起こしたフィンケ監督への謀反のごとく、今こそ岡田独裁監督に天誅を[眼鏡]




期待してるぞ、闘莉王(トゥーリオ)。





人気ブログランキングへ






鉄壁

鉄壁

  • 作者: 田中 マルクス闘莉王
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: 単行本



日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

  • 作者: 岡田 康宏
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: 新書



世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS)

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス〜イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析〜 (COSMO BOOKS)

  • 作者: 宮崎隆司
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2010/02/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

韓国戦、絶対勝ってくれ、岡田ジャパン ! [日本代表]

日本代表 VS 韓国代表戦が、今日の19:00からある。

ってことは、もうあと2時間きってるわけかー。

うう、待ち遠しいぜ。

この試合がワールドカップ前に日本でやる最後の試合なんだっけ?

しかも、聞くところによれば、海外組を交えたベストメンバー同士での対決は1997年のワールドカップ予選以来13年ぶりだとか。



japan soccer suporter.jpg


ああ、楽しみずぎるぞ、日韓戦!





ある意味ワールドカップなんてどうだっていい私にとっては、この韓国戦は絶対勝ってもらわねば。

先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、決勝トーナメント1回戦にしてすでにJリーグ勢全チームが姿を消し・・・。

一方で、韓国勢は4チーム全てが勝ち上がるという屈辱を味わったばかり。

そして、その前の東アジア選手権でも、オフ明けとはいえ韓国代表には1-3で敗退しているのは記憶に新しい。

仮にこの試合でまた情けなく負けるようなことがあってみろ。



明日のジョー.jpg


サポーターはもちろん、メディアもきっとワールドカップへの失望感で埋め尽くされるに違いない。




ここへきて本田圭佑をバンバンにメディアが取り上げてくれてることによって、ようやく一般市民がワールドカップにも目を向けてくれようとしているのに・・・。

そういう意味では、ワールドカップ本大会なんかどうでもいいから、私にとっては今日の韓国戦のほうが大事だ。

いいんだよ、本大会なんて3戦全敗で。

もともと私は勝敗にそこまでこだわるほうじゃないのだ。

まあ、相手が香港やインドならまだしも・・・。



Cameroon soccer suppoeter.jpg


カメルーンと・・・





holland+supporter_425.jpg


オランダと・・・





urawa_reds 1.jpg


デンマークでしょ?





負けたってそんなに悔しくはない。

それよりは、普段サッカーなんて興味のない人たちがワールドカップ本番を楽しみで楽しみでしょうがないと思ってくれることのほうがよっぽどうれしいのだ、私は。

韓国に屈辱を与えられ続けてきた最近の現状を逆手にとって見返すチャンスでもあるんじゃないのか、今日の試合は?

韓国国内では歴代最強チームとの噂もあるらしいし。

この歴代最強チームをぶったたくことで、ここ最近の屈辱の気持ちも一気に晴れようというもの。



朴智星.jpg


マンチェスターUの朴智星(パク チソン)も出てくるらしいしね。





今や京都サンガ時代とはプレースタイルから何まで激変してる感じを受ける朴智星(パク チソン)だが・・・。

そのあたりは、CSKAモスクワの本田圭佑が名古屋グランパス時代の面影がまるでないのと似てるのかもしれない。

すごい選手になったもんだよなー、朴智星(パク チソン)。

なんでも、その朴智星(パク チソン)が日本代表を完全に「見下してる」なんてニュース記事も見かけたんだが・・・。



ap_red_pandas_baby.jpg


「今の日本代表は以前より弱い」と。





さすがは世界の朴智星(パク チソン)だ。

いいこと言うじゃねーか。

当たってるぜ、朴智星(パク チソン)。

惜しむらくは、その言葉をもっと早く岡田監督に向けて言ってもらいたかったぜ。



okada2.jpg


「岡田ジャパン、弱いんじゃないですか」と。





それにしても朴智星(パク チソン)は日本語うますぎる。

今でもペラペラじゃん。

丁寧だし。

優等生な感じが好感度高いってもんだ、朴智星(パク チソン)。

そんな朴智星(パク チソン)だけに、「日本を見下してる」とか「バカにしてる」ってのは単に日本メディアがあおってるだけだとは思うが・・・。



okada2.jpg


「岡田ジャパンが弱い」って発言だけは素直に受けとめないとな、岡田さん。




世界の朴智星(パク チソン)の言葉なんだから。



韓国代表はこの試合後に26人から23人に絞られるんだって?

日本代表はすでに23人が決定してしまってるだけにお互いの立場は違ってくるとは思う。

ただなー、岡田さん。

仮に情けなく負けてしまうようなことがあった場合・・・。

例えば、0-2とか0-3とか、無得点にしてなんの脅威も与えられず負けてしまった場合・・・。

やはり私はこの男たちを呼び寄せてほしいのだ。



それは・・・。




ishikawa fc tokyo.jpg


FC東京のMF石川直宏と・・・。






maeda ryouichi3.jpg


ジュビロ磐田のFW前田遼一!





昨シーズンあれだけゴールを量産しまくってるこの2人をあっけなく23人からハズしてしまってるこの理不尽な現状を・・・。

その場合は再度見直すべきなんじゃないのか、岡田さん?

前田に至っては、みなさんにご足労をおかけしてアンケートをご協力いただいていたが・・・。






そのアンケート結果にビックリ。

前田のメンバー入りを望まない人がほとんどいないというのだから・・・。

このときの記事があまりに反響が大きすぎたせいだろうか。

「前田遼一」と検索をかけるだけで、ベスト10付近に検索結果がランク入りするほどのベストセラー記事になってしまった。

それだけ前田をワールドカップの舞台に立たせてあげてほしいという人が多かったってことなんだろう。



最終決定は、6月1日が期限なんだっけ?

たしかに、日本代表の場合、すでに23人は決定通知済みだし、事実上メンバー変更はもう不可能なのかもしれない。



Active_Volcano_Screensaver_14107.jpg


それでも韓国戦の結果次第では、可能性ある限り全精力をとして、この“悲劇の2大スター”を再度みなで熱望しないとね[手(グー)][手(グー)][手(グー)]




さあ、この歴代最強の韓国代表を相手に、岡田ジャパンは果たして勝ってくれるだろうか?

あるいは、引き分ける、負けるにしても、サポーターが期待をもてる試合をしてくれるだろうか?

ベストメンバーがそろった韓国戦、注目しよう。




人気ブログランキングへ
















nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

本田圭佑のロシアリーグの試合がスカパーで見れるって? [日本代表]

極悪非道な動物虐待の数々を目にし、その後それをさらに深く調べ続けたこともあって・・・。

正直、気分は真っ暗だ。

それでなくとも、以前からのストレス100%のコメントの後遺症で、喘息の苦しさもいまだ絶えることはなく・・・。

我が名古屋グランパスに至っては、アルビレックス新潟戦、サンフレッチェ広島戦で、ついに恐れていたボロが出始めつつある。



これでどうやって明るい生活を送れというのか・・・。



そう思ってたら、1つだけ希望を照らしてくれるニュースが。




honda keisuke cska 3.jpg


CSKAの本田圭佑のロシア・プレミアリーグの試合を、なんとスカパーが放送してくれることが緊急決定したって!?





それも生中継とは!

ナイス。

グッジョブ。

やるじゃねーか、スカパー!

スカパー・サッカー → http://soccer.skyperfectv.co.jp/information/2010/04/sptv-22133141.html





まあ、完全に気分が回復するのはまだまだ時間がかかりそうだが・・・。

本田の試合が見れるのはいいことだぜ。

ただ、「試合の放送はワールドカップまで」と期間が限定されてるみたいだね。

えーと、最初の試合が、4月24日(土)のシピリ戦ってことは・・・。

げげっ!

もう明後日すぐじゃないかよ。

そんなすぐ?

急だな~、もう、スカパーさんったら。

フフフッ。

楽しみだ。



人気ブログランキングへ







★ロシア・プレミアリーグ見るなら、スカパーで!
     ↓

















nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっと目を離したスキに、ピクシーがこんなことを・・・ [日本代表]

4月1日に、我が名古屋グランパスのピクシー(ストイコビッチ監督)が、日本サッカー協会の犬飼会長と会談したというニュース記事が。

で、2018年、2022年ワールドカップ日本招致アンバサダーに就任したんだとか。

そして、日本のベスト4入りに関してこう言及したんだって?




Beautiful Bird Up High in the Tree / BEST PHOTO


「日本の4強入りが実現すればファンタスティックだが、木に止まっている鳥でも、それが困難と分かっている」




ほー。

なかなか気の利いた言いまわしするじゃないかよ、ピクシー。

ただなー。



Stojkovic piksi.jpg


シーズンJ1で9位、そして今シーズンJ1が暫定10位の監督がナニ言ってんだ、コラ・・・。




日本代表のベスト4をどーこーゆう前に、まずグランパスをベスト4だろ~。

なんかチェアマンのイスに座って楽しそうにカメラ収録して余裕かましてるようだが・・・。






遊んでばかりいないで今日のヴィッセル神戸戦、頼むぜ、ピクシー・・・。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村





日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

  • 作者: 岡田 康宏
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/03/24
  • メディア: 新書


















nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表 VS バーレーン戦で気になったことをちょっと・・・ [日本代表]

本田圭佑があんまり凄かったもんだから・・・。

本田を絶賛するあまり、そのほかのことをなんにも書いてなかったような・・・。

なので、他にも気になったことをちょこっとだけ記録しておこう。


まず、スタメンがこう。


日本代表 (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 岡崎 慎司 
 本田 圭佑 
松井 大輔中村 俊輔
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中澤 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




これ、けっこう良かったよなー。

本田、松井、岡崎とのコンビでつないだり崩したりした場面がけっこうあったし・・・。

松井の左サイドは、ここに長友もけっこう絡んできてて、すごく良かったよなー。

松井といえば、中スポの記事にこんなことが・・・。

なんでも、松井は・・・。

「ボクが日本代表で試合に出るには俊輔さんを超えるしかない」といった本田の挑発的ビッグマウスに対してかなり好感を抱いていたようで・・・。

「やっとこういうやつが出てきた」と歓迎していたらしい。

というのも、日本代表があまりに俊輔依存となっていることに対する危機感があったからなんだそうだが・・・。

しかし、ここへきて本田がビッグマウスを封印してきたもんだから・・・。



matsui daisuke.jpg


「今度あいつ(本田)にあったら、『なんだ、もう終わりなの?短かったな』と言ってやる!」





と憤慨して、今回、本田をあおったとかなんとか・・・。

どおりで松井と本田のコンビネーションが多かったわけだ。

この2人は協力関係にあったんだね。

そうか、そうかー。

まあ、日本代表で一悶着起こしてきた本田に対して、積極的な協力者が出てきたことはいいことだよな~。



それだけに・・・。

右サイドの俊輔と本田の連携が、やはり例によって少なかったのが気になってしまう・・・。

まあ本田も・・・。



ffx anima.jpg


「まだまだ俊輔さんからのオレへのパスが少ない。オレのもらい方にも問題はある。」





みたいなことは言ってるようだが・・・。

本田のもらい方に問題があるなんてことはないだろうに。

この場合、むしろ俊輔が本田に合わせるべきだと思うが・・・。

どうなんだろう?


実際・・・。



sea2.jpg


VTRで確認する限り、前半終了間際までは「俊輔 → 本田」のパスはほとんどないようだ。





岡崎の1点目が生まれた後だろうか、俊輔が本田にパスを出すようになったのは?

これねー。

もしかしたらなんだが・・・。

俊輔はプレッシャーを感じていたのかもしれないな・・・。

というのも・・・。

1点目が、「本田 → 俊輔 → 松井 → 岡崎」と、かなりいい連携から生まれて・・・。

「これで一仕事したぜ!」って思える最高のパスだったと思うんだよね、俊輔のパス・・・。

で、あれでプレッシャーから解放されたんじゃないかと。

本田より先に結果を出したことで、特に・・・。



実際・・・。

あの後すぐだもんね。

俊輔が本田へパスを出し始めたのは。

右サイドに開いた闘莉王(トゥーリオ)からのグラウンドのくさびのパスを・・・。

中央の俊輔がスルー気味に本田ヘパスして、自身はゴール前へ飛び出し・・・。



honda keisuke.jpg


ちょうどポストとなった本田が、ダイレクトで俊輔へワンツーリターン!




DFの本田へのマークも激しかったせいで惜しくもラストパスはズレたが・・・。

まさか本田と俊輔がここまで濃密なコンビネーションを見せるとは・・・。

初めてだったんじゃないだろうか?




さらに・・・。

やはりそれまで本田へのパスを封印していたと疑われてもおかしくなかったほどパスを出さなかった長谷部が・・・。

このワンツーリターンの直後から、即座に本田へパスを出すわ出すわ・・・。

偶然なんだろうか?

それとも俊輔に気を使ってたとか?

まさかとは思うがな・・・。

まあ長谷部も・・・。


hasebe+makoto_300.jpg


「彼(本田)にはいつも刺激を受ける。チャレンジし続ける姿勢が素晴らしいし、彼の『個での勝負』へのこだわりは、外国人との戦いでとても重要になる」





と言ってドイツに戻ったそうだから、本質的には本田を認めているのは間違いないと思うが・・・。

なんだか複雑なチームの気がしないでもないね、今の岡田ジャパン。





で、後半早々、松井と森本が交代して、システムはこんな感じに・・・。


日本代表  (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 森本 貴幸 
 本田 圭佑 
岡崎 慎司中村 俊輔
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中沢 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




「俊輔 → 森本」の連携は多少見られはしたものの・・・。

森本は、全体的に目立たなかったような気もしないでもない。



Morimoto takayuki Catania.jpg


いい動きや、いい体の使い方はしてると思うんだけどなー、森本。





でも、カターニャでもそこまでゴールをあげてるわけじゃないし・・・。

最近はカターニャでもスタメンはずれてるようだし・・・。

まあ総合的に、まだまだこれからなのかもしれない。

今まで代表を辞退してたツケがまわってきたのかもね。





で、後半終了間際、俊輔と玉田が交代。

システムはこんな感じ?


日本代表 (アジアカップ予選 バーレーン戦)
 森本 貴幸 
 本田 圭佑 
玉田 圭司岡崎 慎司
遠藤 保仁長谷部 誠
長友 佑都内田 篤人
中沢 佑二田中マルクス 闘莉王
 楢崎 正剛 




ほとんどプレー時間がなかったわりには・・・。

玉田、いいプレーしてたんじゃないだろうか?

左サイドで、本田との見事な連携からあわや、みたいな攻撃のシーンもあったし。

そういう意味では・・・。



TAMADA.jpg


グランパスつながりの本田に対して積極的にコンビネーションを図れる点は、“本田ジャパン”における、今や玉田の強みとも言えよう!





実際、本田のゴールが生まれたのも、玉田出場後だったしね。

もっとも、玉田は直接は関係なかったか・・・。

2点目のシーンは、右サイドで遠藤が粘って内田へスルーパスを出し・・・。

抜け出した内田から絶妙な右足クロス。

それをDFをひきつけた森本が、ニアサイドでうまいことかぶったところに・・・。



honda keisuke japan.jpg


最後は、DFの背後から死角をついて飛び出してきた本田の“王様”ダイビングヘッド!





今思い出しても、なんとまあ劇的なゴールだこと。

最高だ。



ただなー。

俊輔と本田との連携がもう少し早い段階からあれば、もっと早い時間でゴールが生まれていた可能性もあったと思うんだよね。

前半40分間くらい、もったいない時間の使い方をしてた気がしないでもない。

まあ俊輔が前半に本田へパスを出さなかったのは、明らかに恣意的なものだとは思うが・・・。

後半にしても、出しどころに迷ったあげく、しぶしぶ「出してやるか」みたいな程度だったよな、まだまだ・・・。

ただ、まあ・・・。

それでも、オランダ戦のころからするとだいぶマシか・・・。



FFX2 tida2.jpg


いずれにしても、岡田ジャパンの今後の最大の課題は、この2人の“人間関係”のような気がしてしまう・・・。




もう、どこの職場も一緒だね。

逆にいえば、この2人さえ積極的に連携し合えば、岡田ジャパンはまだまだ強くなれる可能性を秘めてるとも言えそうだが・・・。




次のセルビア戦・・・。

岡田監督は・・・。



okada2.jpg


「難しいかもしれないが、海外組もできれば呼びたい」





と言ってるようだし・・・。

であれば、再度「本田&俊輔の共存」がテストできる可能性も少しはあるわけだよね?

次は、今回よりは連携も良くなっていくだろうか・・・?

俊輔の状態も心配だし、しばらくマリノスの試合もチェックしていかないと・・・。



ああ、でも・・・。



nagoya grampus soccer .jpg


今日は19時から、我がグランパスもガンバとアウェイで試合があるんだった!





まずはそっちをしっかり見ないとね。

その次だ、マリノスは。

ふー。

今日からようやくJリーグが始まるし・・・。

見る試合がたくさんあって、タイヘンだぜ、これから・・・。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


















nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

最高だ、“本田ジャパン”・・・ [日本代表]

日本代表 VS バーレーン代表戦(3月3日、豊田スタジアム)・・・。

仕事が思ったより早く終わったため・・・。

急遽、豊田スタジアムに行こうと思い立ったのはいいものの・・・。



明日のジョー.jpg


「チケットはもう完売で入れません」とのせつない結末に・・・。




恐れていたことが現実になってしまった。

前日の段階で、当日チケットがまだ1000枚余ってるってことだったから、わずかの可能性に期待してたのだが・・・。

18時にはすでに完売していたらしい。

甘かった・・・。

甘かったぜ、ヨミが・・・。

豊スタをグランパスのイメージで捉えてたのがイカンかったかもしれん。

それにしてもなー。




KOKURITSU KYOGIJO.jpg


なにゆえ、この不人気な岡田ジャパンが突然「チケット完売」なんてなるわけ?





だって平日でしょ?

38,000人も入ったんだって?

日本代表の試合では、9戦目にしてようやく満員になったらしいが・・・。

私が行ったときに限って満員になるなんてな・・・。




toyota studium 2.jpg


あまりにもせつないUターンだったぜ、豊スタ・・・。





しかし、一瞬であってもあの場に私も立ち会えたことは事実。

スタジアムの外からサポーターの歓声がかなり凄かったのが今でも耳に残っているが・・・。

家に帰って、録画してあった試合を見て納得。

そりゃ、歓声も沸きまくるだろ、これだけの戦いをすれば・・・。

まず・・・。

前半7分をすぎたあたりだろうか・・・。

またまた得点の匂いがしない前線にしびれをきらしたのか、DF闘莉王(トゥーリオ)が早くもありえないようなオーバーラップを・・・。

それを見かねた岡田監督が立ち上がって吼えた。



GhostRider.jpg


中澤~!!、闘莉王(トゥーリオ)を止めろ~!!!





・・・と。

思わず笑ってしまったぜ。

そりゃ、吼えたくもなるか、岡田さんもクビ寸前の状況なのだから・・・。

ただ、世間のサポーターとは異なる見方かもしれないが、個人的にはすごく意味があると思うんだよね、闘莉王(トゥーリオ)のオーバーラップは。

特にメンタル的に。

あーすることで、前線の選手にプレッシャーがかかるというか、スイッチが入るとでもいうか・・・。



surfing+south+africa_425.jpg


「オレらがゴールせんと、また闘莉王(トゥーリオ)が上がってくるぞ・・・」みたいな恐怖が沸き立つとでもいうか・・・。




日本人ってそういう国民性だと思うし。

だから私は賛成なのだが、ああいう闘莉王(トゥーリオ)のオーバーラップ・・・。



そして、あまり調子のよくなかった長谷部、遠藤を、バーレーンがうまくついてカウンター、みたいなピンチが何度かあったが・・・。

しかし、そこは最後の砦がしっかりしてるから・・・。



narazaki seigo nagoya 4.jpg


我が名古屋グランパスの守護神、楢崎のスーパーセーブの数々で無失点にピシャリ!




昨年の指の骨折から立ち直ってから、またさらに凄みを増してる気がするぜ、楢崎・・・。


そして、迎えた前半終盤。

タイミングよく飛び出した左サイドの松井からの左足クロスに・・・。



okazaki 1.jpg


“世界の得点王”、岡崎の“復活”ヘディング先制弾!




岡崎はホント、ヘディングうまいなー。

小さいのに・・・。

自力でなんとかできるタイプではないが、クロスに飛び込んで決めるのはホントうまい。

「ごっつぁんゴールでした」とか本人は言ってたようだが・・・。

そんな簡単じゃなかったよなー、あのヘディング。




そして、なんといっても極めつけはこれだろ・・・。



honda keisuke japan.jpg


1億3000万人の病んだサポーターの心を清めてくれるかのごとく、オランダ経由でロシアより降臨した岡田ジャパンの“救世主”、本田圭佑のダイビングヘッド・ロスタイム弾!




もうやばすぎだ、本田圭佑・・・。

もちろんすごいのはVVV時代から分かってたことではあるが・・・。

実際、90分もフルにそれを見せられると、あまりに強烈すぎる。

この先、これが日本のスタンダードだと錯覚してしまう自分が怖いと思うくらいに・・・。

ゴールはもちろん・・・。

強烈なキック力もある。

シュートもうまい。

視野も広い。




ドリブルもうまい。

ラストパスも出せる。

フィジカルも強い。

ポストプレーもできる。

ダイレクプレーもうまい。

判断も速い。

大胆なプレーもできる。

前を向ける勇気もある。

リーダーシップもある。




ヘディングもうまい。

高さもある。

ダイビングヘッドもうまい。

フリーキックも蹴れる。

PKも蹴れる。

そしてなにより、最後にこうやって結果を出してしまう、“結果力”があるとでもいうか“責任力”があるとでもいうか・・・。



pleiades subaru.jpg


体力もメンタルも、もはや“宇宙規模”とさえ言えよう、本田圭佑・・・。




本田も「おいしいゴールでした」とか言ってたようだが・・・。

簡単なゴールじゃないだろ、コレも。

DFの死角をうまくついて、背後から飛びこんできてるんだし・・・。




それにしてもなー。



EXILE okada japan.jpg


よくぞ岡田監督は本田を90分使ってくれた。





まずはそこに感謝せねば・・・。

とはいえ、これだけの選手なんだから、監督が岡田さんじゃなければとっくの昔にレギュラーに名を連ねていたはずだと思うのだが・・・。

しかし、もともと岡田さんのモットーとする戦術には本田はフィットしてなかったはずなのだ。

それを90分フルに起用してくれたというのだから・・・。

それに対しては素直に感謝したい。

そして、その岡田監督が試合後こんなことを・・・。



okada2.jpg


「本田はもうホントに以前と全然プレースタイルも変わって、シンプルにプレーしてまた動いてと・・・。

ディフェンスも、かなりやってくれてんでねー。

ホントまあ今日彼の入ったことがね、またチームに1つ押し上げるような形になったと思ってます。」



加えて・・・。



honda keisuke.jpg


「本田の得点はものすごく大きい。彼に期待するのは得点力。ほかの誰が取るよりも、われわれにとってうれしいこと」



とまあ、まるで手のひら返したような大絶賛じゃないかよ、岡田監督ったらもう・・・

うれしい・・・。

素直にうれしぜ、ようやく本田の存在を認めてくれて・・・。

「プレースタイルが変わった」と岡田さんが表現しようとも・・・。

自身の理想とするコンセプトにそぐった選手ではないはずなのだ、本田は。

そこを、自らの信念をやや曲げてでも本田の才能を認めてくれたことが、私はうれしい。

岡田さんが今後もこういうスタンスでいってくれるのであれば・・・。



japan soccer suporter.jpg


私も手のひら返してでも応援しようじゃないの、岡田ジャパン!




結局、2-0で日本代表が完勝だったわけだが・・・。

別に勝ったか負けたかなんて、私にはどっちだって良かったのだ。

評価されるべき選手がきちっと評価されてフィールドに90分立ち・・・。

そして、そのあるべき姿を見てサポーターも納得する・・・。

そりゃ、サポーターも口では「勝ったから良かった」とか「2点獲ったから良かった」と言いはするものの・・・。

実際は勝ち負けなんて二の次だったんじゃないだろうか?

そうでなければ、銀メダルに終わったフィギュアの浅田真央があそこまで賞賛されることもなかっただろうし・・・。

8位入選に終わったスノーボードの国母があそこまで賞賛されることもなかっただろうと思うから・・・。

3万8000人の満員のサポーターからまるでブーイングがなかったことからも・・・。



okada japan honda keisuke.jpg


この試合で、グッと世論を味方につけたのは間違いないぜ、岡田ジャパン。




ああ、スポーツ新聞の1面をサッカーが飾るなんていつ以来だろうか・・・。

朝のニュースももう何度も岡崎と本田のゴールをバンバン流してくれて・・・。

こんな至福の1日はない。

最高だったぜ、岡田ジャパン。

本来なら、この試合はただの消化試合のはずだったんだよな。

でもバーレーンもホント一生懸命やってくれたから・・・。

ありがとう、バーレーン・・・。




さあ次は4月7日にセルビア代表だっけ?



stankovic intel.jpg


インテルのスタンコビッチや・・・。






krasic.jpg


CSKAのクラシッチがいるところだよね?





楽しみだ・・・。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


















nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バーレーン戦前夜・・・本田、頼むぜ! [日本代表]

日本代表 VS バーレーン代表戦を、いよいよ明日3月3日に控え・・・。

正直、心が踊っている。

19時から豊田スタジアムだっけ?

で、間に合えば行こーかなーと思ってチケット状況を調べてみたところ・・・。


明日のジョー.jpg


ほとんど完売だと、コラ・・・。




カテゴリー5がちょこっと余ってるだけとは・・・。


なんで?



KOKURITSU KYOGIJO.jpg


スタジアムはガラガラのはずじゃなかったの、岡田ジャパン?





となるとアレか・・・。

ヨーロッパ組が来てるからか?

そうかー。

そうか、そうかー。

なんだかやっとワールドカップイヤーみたいな雰囲気になってきたじゃないかよ、岡田ジャパン。



別にねー。


world cuo omedeto.jpg


アジアカップの予選たって、日本もバーレーンもすでに突破を決めてるんだから・・・。





こんなのはただの消化試合のはずなのに・・・。



なぜこんなにワクワクしてしまうのだろうか?



もうその理由は1つしかない。


honda keisuke.jpg


この試合のために、いち早くロシアから舞い戻ってきた、我らが日本代表の“救世主”、本田圭佑!




オランダやらロシアやらに行ってしまうもんだから・・・。

サポーターとしてまったく試合を目にすることができないというこの状況だけに・・・。



ラッセン.jpg


本田のプレーがフルに見られるというだけで胸が高鳴るぜ・・・。




本田は「僕は救世主ではないですから」とは言っているものの・・・。


どう見たって”救世主”にしか見えないだろ~、この状況では。


そして、あの悪名高い岡田監督も、これまで「本田は俊輔の控え」と称し、てんで低評価しかしてこなかったのに・・・。


okada2.jpg


「圭佑の良さは得点力、そして体の強さ、ゴール前へ入っていく迫力だ[ドコモポイント]



などと、ここへきてなんだか監督自身が期待してる感じが見受けられなくもないな。

どうした心境の変化なのやら・・・。


ニュース記事によると、最初は「FWか?」なんて推測されていたようだが・・・。

どうやら「本田はトップ下」と監督自ら言っているようだ。

そうかー、本田はトップ下かー。


honda cska.jpg


VVVでも、CSKAでも、本田が一番得意とするポジションじゃないかよ!




たしかオランダ戦でもトップ下でやってたと思うが・・・。

あの時は味方から総スカンくらってパスがまるで来なかったしね。

参考外だ。

でも今度はどうだろう?

またパスがまわってこないのだろうか?


ヴォルフスブルクの長谷部は・・・。


hasebe+makoto_300.jpg


「本田は以前より動けてる」



・・・とここへきて評価を改めたようだ。


清水エスパルスの岡崎も・・・。


okazaki 1.jpg


「圭佑が前に入るとキープ力があるし、自分の裏に飛び出す動きが活きる。

「あの舞台(UCL・セヴィージャ戦)に立ててうらやましい。自分も追いつけるように頑張りたい」




・・・と、本田を評価するどころか崇拝しているかのようにさえ聞こえる。

まああれか。

岡崎はいつもあっけらかんとした顔してるし、最初から本田を仲間はずれみたいのはなかったよな。

パスもちゃんとしてたし。


ただ、やっぱりまだ中村俊輔がね・・・。


endo nakamura 1.jpg


「時差ボケは少しある。(帰国して)2日しかなかったし。でも今回は(欧州に)帰ることはないから、日本時間に合わせればいい。(試合に出なかったが)試合勘はなくなっていないし問題ない。


(布陣は)2トップというより本田のトップ下という感じ。


4-2-1-3かな。おれと松井が結構高めだから。4-2-3-1とも言えるし。攻められると4-4-1-1になる。

できるだけサイドに起点を置いて、ボールを欲しがるあまり中に入らないようにしたい。ハセ(長谷部)ともうまく連動できていると思うし。


(本田は)足元で(ボールを)もらう感じだね。

前の方で気を遣わないと消えちゃうかもしれない。

トップ下で横に動いているから、抜け出す動きはあまりしない。

カメルーンみたいに強い相手になったら、どうなるかな・・・。

今までは2トップが前で連動するから崩せていたけど、中でパスを回せなくて、外だけになるかもしれない。臨機応変に俺が中に入ったりしないといけないかな。

アウェーの南アフリカ戦だって、わざわざ(右から本田、岡崎慎司、大久保嘉人の)3トップにしたのにあまり機能しなかったでしょ?

トップ下というか、FWって考えた方がいい。その方が周りも割り切ってプレーできる。

(本田は)試合を作ることはしない方がいいと思う。

ゴール前の迫力はあいつ(本田)と、岡ちゃん(岡崎)の方がある。

ただ、相手ボランチへの守備はしないといけないし、シュートだけでいいというのは違う」



なんだかやや毒があるコメントに聞こえてしまうのは私の勘ぐりすぎだろうか・・・?

そうであると信じたいが・・・。

だいたい最近はエスパニュールで結果を出してなかったんだから・・・。




VVVで結果を出してきて、CSKAでもさっそく存在をアピールした本田圭佑を批評できる立場でもないだろうに・・・。




そこはもうちょっと謙虚になってもらいたいもんだ。

いや、むしろ「本田が活躍できなかったらオレの責任」くらいのファンにも分かりやすい言葉を、経験豊富なベテランとして積極的にかけてあげるべきなんじゃないのか・・・。

まあ明日の試合では、俊輔の専売特許でもある切れ味鋭いパスを、本田にも存分にまわしてくれることを期待するとしよう。

くれぐれも、「存在を消してやろう」などということのないよう願いたい。



で、その本田は・・・。


2947224789-soccer-uefa-champions-league-semi-final-first-leg-barcelona-v.jpg


「自分が代表でいい形を残せた試合は少ない。危機感は常に持っている。ここでやればアピールになる?その通り。でもその逆もある」



と、例によって強気にゴールを狙う姿勢を示し・・・。


そして、フりーキックも・・・。




「得意な位置なら蹴りたい」





などと懲りずに言ってるようだ。

さすがはふてぶてしい男だぜ、本田圭佑。

さあ本田は明日、フリーキックを蹴れるだろうか?

俊輔も遠藤も最近はフリーキックを決めてる印象はないが、それは本田自身も同じだからなー。


ただ1つ言えそうなことは・・・。

もうこの試合は、ただの消化試合なんてシロモノではなく・・・。

それどころか、そのヘンのタイトルマッチなみに本田は気合が入りまくってる気がする。

少なくとも、本田のこの気合がサポーターの今の冷えきった心に火をつけてくれるのは間違いない。

偶然なのかそうでないのかは分からないが・・・。


japan soccer suporter.jpg


サポーターの空気はよめてるぜ、本田!





まあ自身の生き残りもかかってるのもあるから、こんな消化試合でも気合が入ってるんだろう。

本田がここでバコバコ点を獲れるようなら、ワールドカップメンバーに残れると思うが・・・。

逆に、オランダ戦のような消えっぷりなら、もう落選確実だろうし・・・。

そして、そこは俊輔との連携次第なのではないだろうか?

そういう意味でも、ここは両者とも“男”を見せてほしいもんだ。

頼むから“女々しい”プレーだけはカンベンしてくれよ・・・。

サポーターのためにも。


本田が活躍すると、マスコミのウケも全然違うしね。

ここ最近ではテレビのニュースでも・・・。


paris-hilton-broke_convert_20090606025943.jpg


「サッカーのニュースなんてやらなくてもいいんじゃないの?」





みたいな女子アナのイヤイヤ感たっぷりの空気が・・・。

本田のニュースになると・・・。


平井理央.jpg


「本田クン、ビッグマウスでいいわ~[ぴかぴか(新しい)]





みたいな空気にあからさまに変わるのが、どことなく感じられる・・・。

そういう意味でも、すでに本田は“救世主”と言えよう。

これまで日本代表のニュースが報じられるたびに悲壮感タップリだった報道番組だが・・・。

明日のスポーツニュースのスタジオの空気は果たしてどうなるだろうか?

楽しみだ。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


















nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 日本代表 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。