So-net無料ブログ作成
検索選択

ACLと、CSKAと、日本代表と、それから、えーとえーと・・・ [日本代表]

バンクーバーオリンピックがあって、競馬があって、それからサッカーがあって・・・。

今週はけっこうタイヘンな週だったなー。

眠い・・・。

ぶっちゃけ眠い。

もうサッカーなんてしばらく見なくてもいいや、なーんて思ってたりしてたら・・・。


2947224789-soccer-uefa-champions-league-semi-final-first-leg-barcelona-v.jpg


今日、富士ゼロックス・スーパーカップがあったのか!?




忘れてた・・・。

完全に忘れてたぜ・・・。


テレビでも放映してたんだろうか?

見たかったなー、ガンバ大阪 VS 鹿島アントラーズ戦。

しかも。

ガンバが勝ったのかと思いきや、またまた鹿島が優勝をもってっちゃったんだって?

PK戦で?

それも・・・。


ganba endo.jpg


ガンバは「遠藤がPKをハズした」なんてニュースを目にしたが・・・。




信じられん、遠藤がPKハズすなんて・・・。

これで早くも“ストップ・ザ・鹿島”が破られたわけか・・・。

え?

こんなプレシーズンみたいなのは関係ないって?

そんなこと言ってるから、また今年も鹿島に優勝もってかれるんだよ。

後々になって、「なんだか今年はおかしーなー」と鹿島を惑わせるためにも・・・。


bahamut ff game.jpg


全チーム一丸となって、こういうところできちんと負かして布石を作っておかないと。




そう、“負け癖”のようなものを植えつけるというのか・・・。

いや、“勝ちきれない癖”とでもいうのか・・・。

やだな~、また今年も鹿島が優勝して“Jリーグ4連覇”だなんてなったら。



その敗れたガンバ大阪だが、ACLではちゃんとアウェイで引き分けて勝点1をゲットしている。

ACLは内容的にもガンバが終始優勢で、勝っててもおかしくなかったんじゃないだろうか?

遠藤はもちろん、橋本、いいプレーしてたなー。

橋本は日本代表からはもれてしまったようだが、攻撃面で特に目立ってた気がする。

惜しむらくは、ゴールできなかったことか・・・。

残念。


明日のジョー.jpg


ただ、我が名古屋グランパスの開幕戦の相手が、そのガンバ大阪なんだっけ・・・。



しかもガンバのホーム・・・。

ガンバが鹿島に負けて、でも「グランパスにだけはきっちり勝つ」なんて、そんな最低なことだけはやめてちょーだいよ、頼むから。



一方、サンフレッチェ広島はホームにもかかわらず、0-1で敗れてしまった。

これは痛い。

DFの槙野も後方からなんとかしようという意思は見られたものの・・・。

まだまだ体がついてかないって感じで、シュートもなかなかクリーンヒットせず・・・。

まあオフ明けだからしょうがない面はあるわな。

次に期待しよう。





で、私が一番楽しみにしてたのが、なんといってもUEFAチャンピオンズリーグ・・・。


honda cska.jpg


CSKAモスクワ(ツェスカ・モスクワ)の本田圭佑!





まあ、結果こそ1-1のドローだったのだが・・・。

やっぱりただものじゃなかったぜ、本田圭佑・・・。

動きはなかなか良かったんじゃないだろうか?

前半だけで惜しいシュート3本撃ってたし。

それも、あの3本のシュートは本田だから撃てたわけで、並みの選手だったら横パスかバックパスだっただろう、きっと。

もっとも、セカンドトップだったから、ほんとはゴールしなきゃいけなかったんだろうが・・・。

でも相手はスペインのセヴィージャだからね。

ルイス・ファビアーノはケガで出れなかったみたいだけど、守備はかたいチームのようだし・・・。


italy+world+cup+2006_convert_20090617231536.jpg


実際かなり守備に徹してて、まるでイタリアのチームのように見えたぜ、セヴィージャ・・・。




まあ、CSKAもオフ明けだし、本田はモスクワそのものがまだまだアウェイみたいなものだと思うし・・・。

今後、環境に適応していくことで、体のキレもよくなっていくのではないだろうか?

ゴールを量産するのも時間の問題のような気がする。



ただ、CSKAの試合を私は初めて見てぶっちゃけビックリしたのだが、その印象をちょっとだけ。


CSKA モスクワ (UCL 1st leg セヴィージャ戦)
 ネツィト 
 本田圭佑 
マルク・ゴンサレスクラシッチ
シェンベラスアルドニン
シェンニコフA・ベレズツキ
イグナシェビッチV・ベレズツキ
 アキンフェエフ 



システムは、いわゆる4-2-3-1。

まああくまで1試合見ただけの印象ではあるが・・・。

まず思ったのが、このCSKAというチームは、日本代表やJリーグとはまるで異質なのではないだろうか?

いや、もっといえば、バルセロナやマンチェスターUやインテルなど、ヨーロッパの一流クラブとさえ根本的に次元が異なる気がした。

というのも・・・。

ディフェンスラインの4人が、まず基本的にオーバーラップしないというか・・・。

特にサイドバック。

右サイドは若干オーバーラップはあったかもしれないが、それでも内田や長友とは比べ物にならないほど、終始後ろにへばりついていたような・・・。

なおかつ、後方からロングパスを出すわ出すわ。


sea2.jpg


いや、ロングパスというよりクリアだな、アレは・・・。





そういう決め事なのか、あるいはロシアの文化なのかは分からないが、「後方から大事につないでいこう」みたいなのは一切感じられなかったような・・・。




そして、ボランチの2人。

これもちっとも攻撃参加しない。

かつ、決定的なラストパスを出したり、サイドに大きく展開したり、いわゆる遠藤のようなボランチではない。

もうホントに守備一辺倒とでもいうか・・・。

で、パスはテキトー、みたいな。


明日のジョー.jpg


おかげで中盤はもうグチャグチャだったぜ・・・。





てゆーか、厳密には中盤なんてないだろ、このチーム。

あるいは、本田の位置に今回ケガで出れなかったロシア代表ジャゴエフがいたら、また違ってくるのだろうか?

それは私には分からないが、ジャゴエフ1人入ったところで劇的に変わるとも思えないが・・・。



で、あとは・・・。


Mark González CSKA.jpg


左サイド・ウイングのチリ代表マルク・ゴンサレスと・・・。






krasic.jpg


右サイド・ウイングのセルビア代表クラシッチ。





もうこの2人はとにかく縦へいくことしか考えてないようだ。

特に、クラシッチは、前にDFが2人いようが3人いようが、とにかく前へ前へ突破をはかるわはかるわ・・・。

で、セヴィージャDFにきっちり奪われて終了、みたいな。


マルク・ゴンサレスはドリブルというより、縦へポーンとパスを出されて、そこを持ち前のスピードで走りこむというか・・・。

こっちは何本かセンタリングを上げていたようだが・・・。

まあ一本調子なところは似たりよったりなんじゃないだろうか?



で、CFのネツィト。

これは我がグランパスでいうところのケネディそのものと言えよう。

長身で、ターゲットマンとなりながら、なおかつ、FWとしてシュートを撃つ場面も何度かあった。

惜しくもゴールはできなかったが、本田とのコンビはけっこう良かったんじゃないだろうか?

実際、「本田からのラストパスを受けてネツィトが決定的シュート」というシーンが2度ほどあった気がする。

これはセヴィージャのGKのファインプレーを褒めるしかない。



で、本田はといえば・・・。

シュートにパスに、かなりの存在感を示してた気がする。

ただし、後半はちょっと動きが落ちたような・・・。

セヴィージャが攻撃的になったこともあって、CSKA全体が守備にまわってたから、これは仕方ないのかも。

しかも、守ってカウンターかと思いきや、前線へポーンとクリア、みたいな。

これじゃあ、形にならんわな・・・。

それだけに、本田がただ1人効果的なパスを出していたように見える。

が、チームとしてはハナからそういうことに価値をおいてない気もしないでもない・・・。



全体的な印象としては、近代的なサッカーをやってるというよりは・・・。


kyoto light up.jpg


どちらかと言えば、かなり古典的なサッカーにも見えてしまったんだが・・・。




そう、1970年代や、あるいは80年代とでもいうのか・・・。

もちろん、運動量を駆使した現代流の守備がまったくないわけではないが・・・。

イメージとして、なんだかハチャメチャな感じを受けてしまったのだ。



ただし。

コレを「レベルが低い」というのはちょっと違う気もしないでもない。

というのも・・・。

時折見せるハチャメチャな奇想天外なプレーが、セヴィージャの洗練された守備陣を翻弄してたシーンも数多くあったと思うから・・・。

ゼヴィージャを“常識的”というのであれば・・・。

CSKAは間違いなく“非常識”・・・。

そして、そんな“非常識”なシーンが実際ゴールにつながってしまったわけで・・・。




こんなゴールがあっていいのか、マルク・ゴンサレス・・・。




ありえん・・・。

ありえんだろ、こんなゴール・・・。

いや、かつてのJリーグでもこの手のゴールはあったかもな。

元年のころのJなら・・・。

それにしても、クラシッチにせよ、マルク・ゴンサレスにせよ、かなりのイケメンで人気もありそうだが・・・。


surfing+south+africa_425.jpg


加えてこんな豪快なプレーをしてれば、そりゃ人気も出るって。




昨年9月の日本代表 VS オランダ戦で、本田が1人だけ個人プレーに走ったがために・・・。

中村俊輔、長谷部、長友らの派閥から試合中に総スカンをくらってしまったのが記憶に新しいが・・・。

これがクラシッチなら、さらに総スカンをくらってしまうのは間違いない。



ただし。

こんなハチャメチャなサッカーだからこそ、逆にいえば、洗練されたヨーロッパのビッグクラブはやられてしまうこともあるのではないだろうか?

仮に、バルサやマンUを“秩序”とするならば・・・。


falls snow.jpg


CSKAはまさに“混沌”・・・。





バルサやマンUが“物理的”に相手を脅かそうとするならば・・・。

CSKAは“精神的”に相手を脅かそうとするとでもいうのか・・・。

そんな気がしてしまった。

それだけに・・・。


okada2.jpg


これからCSKAにどっぷりつかるであろう本田が、岡田ジャパンに順応できるかどうか心配だな~。




いや、むしろ心配なのは、逆に岡田ジャパンの影響を受けて本田がCSKAに順応できなくなるんじゃないかということか・・・。

実際、CSKAではレギュラーは保障されてないようだし・・・。

本来のセカンドトップのジャゴエフは、チームのエース的存在であってロシア代表でもあるから、常識的にはメンバーからはずれるのは考えづらいと解説の方が言っていた。




krasic.jpg


なので、セルビア代表クラシッチと争うか・・・。






Mark González CSKA.jpg


あるいはチリ代表マルク・ゴンサレスと争うか・・・。





どっちもワールドカップに出てくるような国の選手なんだから、レギュラーはそう簡単じゃないわな~。

中村俊輔がエスパニュールでレギュラーになれずに横浜マリノスに移籍することになったようだが・・・。

本田だってそうならないとは限らないかもね。

次の第2戦が3月16日だっけ?

それまでの動向には注目していかないと。



ただ、岡田ジャパンの今の状況を考えると・・・。

ぶっちゃけ、本田は岡田ジャパンには選ばれないほうがいいような気もするな~。

だいたい、東アジアサッカー選手権でせっかく選ばれた鹿島の小笠原は、もうすでに事実上のメンバー落選のようだとかなんとか・・・。

なんでも小笠原に対して・・・。


oswaldo_oliveira_kashimaantlers_celebratesjleague_afp.jpg


「鹿島のやり方をここに持ちこまないでくれ」





・・・とか言ったんだって、岡田監督?

なんだかな~。

CSKAのサッカーもメチャクチャだが・・・。


okada2.jpg


あんたのやってることはもっとメチャクチャだぜ、岡田さん・・・。




本田に悪影響が及ばないことを、ただただ祈ろう・・・。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


















nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村憲剛がアゴを割られただと・・・!? [ACL]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ、鹿島アントラーズ川崎フロンターレの1戦目を見てたのだが・・・。

鹿島アントラーズは中国の長春亜泰(チャンチュン・ヤータイ)に1-0で危なげなく勝ったものの・・・。

川崎フロンターレが韓国の城南一和(ソンナム・イルファ)に0-2で負けてしまった。

まあ鹿島はホームだったから勝たなきゃいけなかったし、川崎はアウェイだから仕方がないのかも。

ただ1つだけショッキングニュースが・・・。

日本代表の最大のキーマンでもある中村憲剛が、相手DFと交錯した際にヒジ打ちくらって口から出血していたのを目にしたが・・・。


ffx anima.jpg


聞けば、そのときアゴが骨折してて、なおかつ全治2ヶ月だと!?




てゆーか、憲剛・・・。

よくそんな状態で試合出続けてたな・・・。

前半15分の出来事だったから・・・。

75分も骨折した状態でプレーしてたってことか・・・。


すげー。

すげー男だ、憲剛・・・。


baki1.jpg


もう、そのファイティングスピリットには脱帽だぜ・・・。





ただし、すでにアジアカップ予選バーレーン戦も、Jリーグの開幕戦も絶望的だとかいう情報もアリ・・・。

6月のワールドカップには間に合うのだろうか?

自らには寛容で、他人には非常に冷酷な我らが岡田監督だけに・・・。


nakamura+kengo+Japan.jpg


そこがとにかく心配だ・・・。





たしかジュビロ磐田の前田遼一も、またまた肉離れになっちゃったんだって?

せっかく岡田監督が「再度呼ぶ可能性もある」と示唆してたときだったのに・・・。

こっちもこっちで、なんとついてないのか・・・。



vuvuzela.jpg


両名とも無事に復帰して、南アフリカの地で見られることを願おう。




まあ勝敗に関してはともにオフ明けということで、力を発揮できた、あるいはできなかったというのが影響してるのもあるんだと思う。

ただ、鹿島アントラーズに関していうと、やっぱり強いなーと感じてしまった。

なぜならば・・・。

まずこの試合には2009年JリーグMVPの小笠原が出場停止で不在。

本山も腰痛で不在。

そんな状態でこうやってちゃんと勝ってしまうんだもんなー。

しかし、その分、新加入の選手が活躍していたと思う。


i jons 李正秀3.jpg


京都サンガから移籍した韓国代表CB、李正秀(イ・ジョンス)。




今期から鹿島だったんだよな~、李正秀(イ・ジョンス)。

失点0にも納得。

あと、MFのフェリペ・ガブリエルもかなりイケてたんじゃないかと思う。

印象としては、MFというよりFWチックな選手と感じたが・・・。

ペナルティエリア周辺で怖そうな気がする。


なんだかな~。

ここまで3連覇してる鹿島アントラーズではあるが・・・。


132026_I+laugh+at+your+pathetic%20iPod+Touch!.jpg


なんだか去年よりも強くなってね?





やだな~、そんなの。

全国のみなさん。

今年こそ、「ストップ・ザ・鹿島」ですよ!




で、今日は残りのACLが、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島だっけ?

ガンバは手堅いチームだから無難に勝つんじゃないかという気もするが・・・。

初参戦のサンフレッチェ広島がどんな試合をするのか楽しみだね。


makino tomoaki1.jpg


なんといっても、CBの槙野!





ダーンとゴールでも決めてもらって、岡田監督がまた代表に呼ばざるをえない状況を作ってもらいたいものだが・・・。





あともう1つ、チャンピオンズリーグはチャンピオンズリーグでも、ヨーロッパのほう。




UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)の「CSKAモスクワ VS セヴィージャ」が、今日の深夜2時15分からスカパーで放送される。




ホントなら4時半からやる「インテル VS チェルシー」 のほうを楽しみにするはずなんだろうが・・・。

日本代表の本田圭佑が、この冬からCSKAに移籍してるからね。




これまでVVVの試合をスカパーも放送してくれなかったし・・・。






okada2.jpg


日本代表とはいえ、「中村俊輔の控え」とか言って、岡田監督はほとんど本田を使ってくれないし・・・。




ここはようやくまともに本田のプレーを見ることができるというもの。

あ~楽しみだな~。

ただ、そうはいっても、セヴィージャ (スペイン)は現在リーグ真っ只中で4位のチームだし、一方、CSKA(ロシア)はオフ明けなわけで・・・。

CSKAのホームとはいえ、状況的には圧倒的にセヴィージャに有利なんじゃないかと思うが・・・。

でも、スルツキ監督は本田を起用するみたいなことを言ってるらしいんだよね。




「本田はFKもうまいし、素晴らしい左足を持っている。スタメンで出場し、セカンドトップでプレーすることになるだろう」




ただ・・・。

もし仮に本田がここでゴールでも挙げてしまおうものなら・・・。



okada2.jpg


その本田をこれまで邪険に扱ってきた我らが岡田監督の“選手を見る目”は、いったいいかなるものなのか・・・。




そういう視点でも試合を見ることにしよう。

あ~、楽しみだな~。
















nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フェブラリーS 予想 エスポワールシチーで夢を・・・ [競馬]

日曜のフェブラリーSの予想をちょっと。

G1だしね。


<フェブラリーS・G1・東京D1600>


◎エスポワールシチー

〇テスタマッタ

▲グロリアスノア

△サクセスブロッケン

△スーニ

△ダイショウジェット

X ワイルドワンダー

X トーセンブライト




本命は1番人気のエスポワールシチーで。

ありえないほど強かったJCダート(G1・阪神D1800)の圧勝劇を信じよう。


keiba sato tetuzo espowal city.jpg


ここも人馬一体で頼んだぞ、エスポワール&佐藤哲!




まあ、馬券はエスポ1着固定の3連単BOX流しで。

今度こそ当たりますように・・・。




nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

スノーボードは見てておもしろいな・・・最高だったよ、国母 [サッカー全般]

バンクーバーオリンピックのスノーボード・ハーフパイプの國母(こくぼ)がきのうやっと登場して・・・。

ぶっちゃけ、そのパフォーマンスの凄さに圧倒されてしまった。

なにしろ・・・。



kokubo snowboard 4.jpg


空中で描き出される彼のジャンプの軌跡の向こうに、はるか1億光年先の宇宙が見える・・・。




もはやアート・・・。

スポーツというより“芸術”だ。

戦前は「あのシャツはどうなんだ?」などといろいろ物議をかもし出した、わずか21才の國母ではあったが・・・。


kokubo snowboard 3.jpg


彼のこの“宇宙規模”の芸術の前にあって、我々のした議論のなんとちっぽけなことか・・・。




小さい・・・。

小さいぜ、スポンサーも日本オリンピック委員会も全日本スキー連盟も。

あんな平日の昼の時間帯だったにもかかわらず・・・。

視聴率も20%だったんだって?

正直、世論に立ち向かってまで国母出場に一役買って出た橋本聖子団長には感謝したい。

なにしろ、ここんとこ岡田ジャパンの冴えない試合のオンパレードで、心身をひどくやられていたのだ。


彼のおかげで、よどんだ心が洗われた・・・。



kokubo snow board.jpg


「いろいろな方々にご心配とご迷惑をおかけしてすいませんでした。応援してくれる方々のために雪の上でいい滑りができるよう頑張る。」



こう国母自身も語っていたが・・・。



kokubo snowboard 2.jpg


“腰パン王子”の名にふさわしい、最高のライディングだったぜ、国母!




ただ、そんな国母の走りにインパクトを受けただけに・・・。

金メダルに輝いたアメリカのショーン・ホワイトにはさらに度肝を抜かれてしまったのも事実。




てゆーか、やべーぜ、ショーン・ホワイト・・・。





最後の技は「ダブルマックツイスト」って言うんだっけ?

なんでも自分自身で考え出した技らしいが・・・。

こんな難しそうな技を考え出す発想も凄いが、こんな大舞台でやってのけてしまう度胸も凄い。

いや~、ホントすごかったなー、ハーフパイプ。


その何日か前のスノーボード・クロスもかなり面白くて魅入ってしまったんだが・・・。

セス・ウェスコットが最後方から差しきって優勝したやつ。

なんだか競馬みたいでハラハラしてしまった。

こういう接戦のレースもんには弱いんですよ、私。




で、私がこれだけバンクーバーオリンピックにどっぷりつかってしまっているのも・・・。

先日の我らが岡田ジャパンのふがいなさがそれに拍車をかけているのは間違いない。

ハーフパイプの国母は結局8位だったんだっけ?

でもなー。


kokubo snowboard 4.jpg


8位だろうがなんだろうが、こうやって魅了されてしまっているのは事実なわけで・・・。




やはり私個人にとっては、スポーツは勝敗が先にありきではないと・・・。

そう改めて感じてしまった。




ただ、岡田ジャパンはともかく、なでしこジャパンは別だ。

なんてったって、先日の東アジアサッカー選手権をしっかり3連勝して見事優勝に輝いてるんだから・・・。

岡田ジャパンの批判のせいで遅くなってしまったが、ちょっとだけ感想を。

まず、なんでもドイツサッカーの関係者が、「日本にはとんでもない“スター”が現れたな」とか言ってるらしいが・・・。

そして彼女の映像を見たチェルシーのドイツ代表MFバラックまで驚きの表情を見せたとかなんとか・・・。

その彼女とは・・・。


iwabuchi mana 3.jpg


若干16歳の高校生FW、岩淵真奈(いわぶち まな)。




ちょっと調べてみたら、身長が153cmしかないのかー。

小さい・・・。

てゆーか、かなり小さくね、コレ?

いや、そんなに私は女子サッカーに詳しくはないのだが・・・。

ふつうに街中にいる女の子の中でも、かなり小さいほうにはいってしまうんじゃないだろうか?

昨シーズンでもFIFA年間最優秀候補にまで入ってたみたいだね。

そうかー、そんなにすごいのかー、岩淵真奈。


iwabuchi mana nadeshiko japan soccer.jpg


これからは岡田ジャパンよりこっちを応援しようかな・・・。





ただ、そうは言っても、実はそこまで彼女のプレーを真剣に見てたわけではないのだ。

代表初ゴールを挙げたところや・・・。

インタビューでは意外とあどけない口調で話していたことなどなど・・・。

その程度は目にしたのだが・・・。

まあ、なんでそれほど岩淵真奈に目がいかなかったのかといえば・・・。

こっちに目がいってたからなんだよね。


林曼婷 rin mantin 4.jpg


チャイニーズ・タイペイ(台湾)代表DF、林曼婷(リン・マンティン)。



真ん中でペットボトルの水飲んでる娘がリン・マンティン・・・。

なんだかね~。

どこかのモデルさんみたいなスタイルとルックスだったもんだから、ついつい目がいってしまったんですよ。

ぶっちゃけ、彼女のプレーの詳細などまるで見ていない。

まあ、その立ち姿とか・・・。

ポニーテールの揺れ具合とか・・・。


林曼婷 rin mantin 2.jpg


もはやサッカー目線ではなかった気がしないでもない。





なんでも身長が170cmもあるらしいから・・・。

おそらくその高さを買われてのDF抜擢なんだろう。

でもな・・・。

あの外見でディフェンダーってのも、なんかね~。


ap_red_pandas_baby.jpg


ケガでもしたらどうするのか・・・。





・・・などと考えてる時点で、やっぱりまったくもってサッカー目線ではない気がする。

でも、それもアリなんじゃないかと。

だって、素人なんだから・・・。

私は女子サッカーに関してはまるで素人なのだ。


林曼婷 rin mantin.jpg


なので、邪道と言われようがなんだろうが、こういうミーハーな入り口でもいいはず・・・。




いや、むしろこういう新鮮な気持ちこそ大事にしたい。

サッカーなんてものは、知識が入りすぎると、もはや知識でしかモノを見れなくなってくるからね。

それは自分自身が損をすると思うのだ。


brasil-worldcup.jpg


それよりは、初期のころに当たり前のように持っていた“感性”とでもいうか・・・。




そういったものを大事にしたほうが楽しめるような気がする。

もっとも、そういう“感性”をもってしても「岡田ジャパンはつまらない」と思ってしまうことは大問題なんだろうが・・・。



もうすぐAFCチャンピオンズリーグも始まるんだっけ?

2月23日と24日かー。

Jリーグももうすぐ始まるし、そろそろ我が名古屋グランパスの動向にも注目していかないとなー。


例によって、今週の土日には競馬もあるし・・・。


keiba sato tetuzo espowal city.jpg


そうそう、特に日曜はG1のフェブラリーS(東京D1600)があるじゃないか!




バンクーバーオリンピックも引き続き見て・・・。

大変だぜ、しばらく・・・。

















nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

岡田ジャパンを私が支持できない理由。今こそペットボトルを・・・ [日本代表]

バンクーバーオリンピック、けっこう盛り上がってるな~。

個人的には、スノーボード・ハーフパイプ代表の国母(こくぼ)選手に注目してるんだよね。

なんでも、「バンクーバー入りの際、公式服装のシャツを腰から出してズボンをずり下げた姿だった」とかで、いまだに世間から叩かれてるらしいが・・・。



kokubo snow board.jpg


いいじゃねーか、そんなのどうだって・・・。





どうせ口うるさい爺さんさん婆さんたちがコタツにあたりながらそういうこと言ってるんだろうがな~。

サッカーだってそうだったもの。

1980年代なんかだとさ~。

フランス代表にはプラティニがいて、シャツは当然のように出すわ、スネあても無しでソックスもずり下げてるわで、かなり個性的なファッションだったんだが・・・。

今じゃ、ユニフォームはズボンの下にに入れなきゃいけないルールになってんだっけ?

見た目、かなりイケてないと思うんだが・・・。




だいたいサッカーなんて、見えないとこでボコスカ殴り蹴りしてるんだから、「マナー」とか言い出すんだったら、まずそっちを厳重注意すべきなんじゃねーの?




こないだの韓国戦だって、闘莉王(トゥーリオ)が相手を蹴っ飛ばして一発レッドで退場くらってたが・・・。

あんなのレフェリーに見えてるか見えてないかだけのことだろ?

だから闘莉王(トゥーリオ)を非難すべき人はこう非難すべきなのだ。



high kick girl.jpg


「なんでバレないようにうまく蹴っ飛ばさなかったんだよ!」と。




そういう意味じゃ、国母選手のシャツだって別にどうってことないと思うがな。

私らだって、街中でみんなシャツ出してるじゃん。

どっかのギャルみたいに、ケツ出してたってんだったらさすがに問題なんだろうが・・・。

シャツぐらいね~。


kokaigijido.jpg


それも国会で取り上げるような問題か、コレ?





それともアレか?

日本国憲法に、「日本人たるものシャツを出すべからず」とか書いてあるとでもいうのか、ん?

日本は不景気がずっと続いてるんだし、こういうときだからこそ、出る杭を打つような風潮だけはカンベンしてもらいたいもんだ。

本人は記者会見までして「反省してまーす」とか軽いノリで言って、ますますお茶の間つっこみを受けてるようだが・・・。

こんなヘンクツな指摘に反省する必要なんてないんだぞ、国母選手。

てゆーか、反省なんてどうせしてないだろう、君は(笑)

スノーボードなんてそれ自体がファッションみたいなもんなんだから、その個性をぜひ競技でも発揮してもらって、観衆を湧かせてくれることを個人的には期待しよう。

メダルが獲れるかどうかは運もあるとは思うが、それでも日本国内からバッシングがあるようなら、こう言ってやればいいのだ。


many gold.jpg


自身がオリンピックでもたらした経済効果と、シャツを出したことによる経済損失を比較してくれ、とね。




それでも「シャツ出しによる経済損失のほうが大きい」と言う連中がいるのであれば・・・。

あんたら・・・。


Cold_Eye_.jpg


残りの人生、1度もシャツ出すんじゃねーぞ。






で、本題のサッカー日本代表についてちょっと。

先日の韓国戦も1-3で大敗し・・・。

これで東アジアサッカー選手権は中国の優勝が決定。

2位は韓国で・・・。

3位に我らが日本代表、と。

4位は指定席の香港。

まあ、とりあえず香港に負けなかっただけよしとしようか、岡田ジャパンよ。


FFX2 tida2.jpg


それにしても、東アジアで3位か・・・。





いつにないなつかしい響きではあるが・・・。

もうどこもかしこも、岡田監督非難の記事ばっかだね。

ニュース記事もブログ記事も、どこ見てもそればっかだ。


132026_I+laugh+at+your+pathetic%20iPod+Touch!.jpg


おかげで、もう書くことがねーぜ(笑)





その岡田監督の解任要求だが・・・。

どうもどこぞかのアンケートによると、88.6%にも昇るとかなんとか・・・。

スゲー・・・。

スゲー数字だぞ、この解任支持率。

前麻生政権の支持率なんてメじゃないんじゃね?

そして、きのうフジテレビの「すぽると」でも似たようなアンケートがあって・・・。


vuvuzela.jpg


「あなたはワールドカップで岡田ジャパンを応援しますか?」





との問いに・・・。




KOKURITSU KYOGIJO.jpg


「応援します」が、約30%・・・。


「応援しません」が、約70%・・・。





まったくすごい数字だな、コレも。

こっちは携帯から送信するやつだから、サッカーに興味がある人だけの回答だと思うんだよね。

ここんとこの岡田ジャパンの視聴率が約12%だとして、


12% × 30% = 3.6%



約3%かー。


Sahara_desert.jpg


すなわち、ワールドカップで岡田ジャパンを応援するのは、日本全国民の3%だけってことかー。




てゆーか、おまえな~・・・。

一昔前の消費税じゃないんだから・・・。


そしてそんな非難茫々の中、“KY独裁機構”日本サッカー協会が、“岡田KY独裁政権”の続投を決定したらしいとかなんとか・・・。

そのどさくさに紛れて、渦中の岡田さんがまたまたこんなことを・・・。


okada2.jpg


「なかなか分かってもらえないが、クビになるのが怖くてやり方を変えるとかはない。やり方を変えるなら監督をやらない」




さすがだ、岡田さん・・・。

いつまでたってもこちらの期待を裏切らない男だぜ・・・。

これだけサポーターが「変えてくれ!」って言ってるのに、「変えない!」って言ってるんだから・・・。

つまりこう言いたいんだと思うんだよね。


senjukannon.gif


「私は断じて間違ってない!」と。




そして、さらに突き詰めた解釈をするならば・・・。



coffee1c.jpg


「間違ってるのはあなた方なんじゃないの、サポーターさん方?」




・・・と言ってるようにも受けとれなくはない。

いやはや、まったくスゲー男が日本サッカー界に君臨したもんだ。

この期に及んで「私こそ正しい」との主張が出てくるとは・・・。


いたな~、ちょっと前に。


sea2.jpg


「私はあなたとは違うんです」とか言って、流行語大賞ものの迷言を吐いてた首相が・・・。




ここまでくると、もはやコントとさえ言えよう。

しかも笑えない。

マジで。


今回の東アジアサッカー選手権は、受験でいうとこの“模擬試験”みたいなもんだと思うんだよね。

その模擬試験の結果が、中国、韓国を下回る3位で、おそらくこのままでは不合格は間違いないとされる“E判定”・・・。

その“E判定”に対して、「私は間違ってない」って・・・。


明日のジョー.jpg


どう見てもふつうに“浪人”だろ、このままじゃ・・・。





志望校を変えるなり、勉強方法を変えるなり・・・。

意地を張る前にいろいろやることあるんじゃないの?

もっとも、この東アジアサッカー選手権はどの国もオフの中での戦いのため、岡田監督としても言い訳があるのは理解できなくもない。


japan soccer suporter.jpg


これがシーズン中なら、日本代表が優勝してたに決まってるじゃないか、と・・・。




だから、私はこのなさけない敗戦だけを理由に岡田監督を解任要求するつもりはまったくないのだ。

ぶっちゃけ、香港戦で0-1で負けてたとしても、それを理由に岡田さんを責めることはなかったと思う。

そういう意味では、今回の東アジアサッカー選手権で大敗したことで、問題の本質がウヤムヤにされなくてよかった。


思えば、昨シーズン得点王であるこの男・・・。


maeda ryouichi2.jpg


ジュビロ磐田の前田遼一がいたら、あるいは「バコバコ点を獲りまくって優勝!」なんてケースもなかったとはいえない。




というわけで例によってコレを。
(ことの詳細はコチラ http://j-league-world.blog.so-net.ne.jp/index/2






そう考えると、前田が召集されないことでますます岡田問題が噴出したことは、今後に向けては良かったと言えなくもないのだ。


結局なー、岡田さん・・・。

勝敗がどうとか、それだけじゃないんだよ、サポーターにとっては。

ただ勝てばいいとか・・・。

負けたからダメだとか・・・。

そうではないのだ、岡田さん・・・。

私が岡田監督にやめてもらいたい理由はただ1つ。


KOKURITSU KYOGIJO.jpg


あなたに「サポーターとともに戦おう」という姿勢がまるで見られないってことなんですよ・・・。



もうコレしかない。

てゆーか、最初っからそうだ。

就任当初からそう。

ぜんぜんサポーターなんかバカにしてるというか、言うことをこれっぽっちも聞き入れてくれないというか・・・。

だからそのころから私の周囲はもうみんな言ってたのだ。

岡田監督やめてくれ、と。


だいたいな~。


ap_red_pandas_baby.jpg


あんた、日本代表を私物化してないか、ん?




日本代表はあんただけのモノじゃないんだぞ、コラ。

我らサポーターがお金と時間をかけて育ててきたものなんだから・・・。

「分かってもらえないが」などと言っているが、じゃあどれほどの説明を私たちにしてくれたというのか・・・。

それどころか、ちょっと前、試合後のインタビューすら拒否ってなかったっけ?

選手に規律を求める以前に、あんた自身の規律はどうなのよ・・・?


マスコミもな~。


Merkava_4_main_battle_tank_Israeli_Army_Israel_001.jpg


ハーフパイプの国母のシャツを責めるよりも、この岡田さんのワガママ独裁体制をもっと非難してちょーだいよ。




この国は民主主義のはずなんだがな。

どういうわけだか、この日本サッカー協会ってところはそれが通用しないようで・・・。

裏で隠れてはいるが、おそらくは事実上の実権を握っていると個人的には推測している川渕・・・。

この川渕は自ら「私は独裁者」と公言しているように、日本サッカー界がこれまで川渕独裁体制であったことは明らかなのだが・・・。

今もその体制は続いているのではなかろうか?

で、犬飼会長やら岡田監督らを隠れ蓑にして、自分の“盾”としているんじゃないかと。

結局、この川渕による独裁的院政をなんとかしないことには、永久に日本サッカー界は良くならないような気がするのだ。

ワールドカップのたびにアフリカの国々はかならず選手と協会がもめだし・・・。

それを我々日本人は「アフリカはなにやってんだか・・・」と呆れるのだが・・・。


nannkyoku monogatari.jpg


それは日本だって同じ状況なんじゃね?





ここまでくると、もうコレしかないな。

そう、クーデター・・・。

クーデターを起こすしかない。

テロというとちょっと響きが悪いから、クーデター・・・。

あるいは“一揆”でもいいかもしれない。

時代背景を考えると、鍬や鎌というわけにはいかないから・・・。





ペットボトル・・・。




ペットボトルを手にとって、彼らにぶつけてやりたい。

卵でもわるくはないが、もったいなからね、卵だと。

カラのぺットボトルの口に向かって「川渕どっかいけー」と叫び・・・。

その後センをしたら・・・。

思いっきり本人目がけて投げてやりたい。

それが私にできるささやかな抵抗・・・。


ううっ、どうなってしまうのか、日本サッカーよ・・・。
















nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

岡田ジャパンが韓国代表に負けてしまったら、岡田監督はどう責任をとるのだろうか? [日本代表]

ハナ風邪がようやく治ってきたようで・・・。

これでやっとまともな生活に入れそうだ。

先日の岡田ジャパン VS 香港代表(2月11日、国立競技場)の試合も、やっとまともな試合が見れたって感じだなー。

3-0で日本代表が勝利か。

まあ順当というか、当然だろ、とでもいうか・・・。

ただし。

名古屋グランパスサポーターにとっては、素晴らしすぎる内容だったと言えよう。


TAMADA.jpg


まず、FW玉田圭司の左足&右足での鮮やかな2ゴール!





岡崎がケガで不在の中で、世間には「玉田かよ・・・」みたいな冷たい空気があったように思うんだが・・・。

よくぞ、この無得点の悪い流れを断ち切ってくれた。

1点目の左サイドの角度のないところからの左足シュートは、まさに玉田の真骨頂とさえいえるゴールだったんじゃないだろうか。

日本代表ももちろんそうだが、我がグランパスにとってはこんなたのもしいゴールはないぜ、玉田。




TULIO.jpg


そして今期から名古屋に入団となった、闘莉王(トゥーリオ)の高すぎるドンピシャヘッド!




いくらなんでも高すぎるだろ、闘莉王(トゥーリオ)、マジで・・・。

ここまでくると、もはや建築基準法違反とさえ言えよう。

思えば、闘莉王(トゥーリオ)だけはベネズエラ戦から調子は良かったと思うんだよね。

故郷のブラジルでよっぽどいいリフレッシュができたんじゃないかと思うほど。

この試合でも、とにかく攻めるわ攻めるわ・・・。

試合終盤にさしかかった時間帯での、ゴール前での玉田とのワンツーなんてもう・・・。



tamada grampas3.jpg


今シーズンの名古屋グランパスでの大活躍を予感させるスーパーコンビネーションだったぞ、玉田&闘莉王(トゥーリオ)!




うー、Jリーグが楽しみだぜ。


もっとも、岡田監督としては今回の度重なる闘莉王(トゥーリオ)のオーバーラップがすでに気に入らないようで・・・。

練習中でもこんなことが・・・。


okada2.jpg


岡田監督:「ロングボールをはね返されたらピンチになるから、おまえは戻った方がいい(怒)」





GhostRider.jpg


闘莉王(トゥーリオ):「・・・へーい(怒)」




みたいなやりとりがあったとかなんとか・・・。

もともと日ごろからインテルのブラジル代表DFルシオを例に挙げて、岡田監督は闘莉王(トゥーリオ)にこんなことを言って改善を求めているようだ。


brazil+final+lucio_450.jpg


「リスクを冒すが、きちんと守備に戻る姿勢を見てほしい」





とはいえ、闘莉王(トゥーリオ)に戻ろうなどという気はサラサラないようだが・・・。

そして私も戻る必要はないと思っている。

なぜならば・・・。


Luis Fabiano 1.jpg


ブラジル代表には、FWにセビージャ(スペイン)のルイス・ファビアーノがいるし・・・。




brazil-v-egypt+kaka_450.jpg


MFにはレアル・マドリード(スペイン)のカカがいるし・・・。





ronaldinho_ap[1].jpg


さらには最近目覚しく復活してきた印象のある、ACミラン(イタリア)のロナウジーニョがいるのだから!




だからルシオが攻撃参加しようがしまいが、ブラジル代表の圧倒的攻撃力は健在だ。


だが、それに対して日本代表はどうなのだ?



明日のジョー.jpg


闘莉王(トゥーリオ)が攻撃参加しないと点が獲れないんじゃないの、マジで・・・?




そのあたりを岡田さんはどう考えているのか・・・。

それになー。

闘莉王(トゥーリオ)にルシオになることを求めるのであれば・・・。



Guus Hiddink.jpg


あんたはヒディンクになることくらい志してるんだろーなー、ん?




現状ではどこからどう見ても“岡田”にしか見えないんだが・・・。

どうみても、かなり“岡田”な気がする、岡田監督。

もうこの男はあと何年たとうとも、永久に“岡田”だろ、きっと。


なんでもこの試合中には「なにがなんでも点を獲ろう」って選手に吼えたんだって?

でもな・・・。

玉田や大久保は、前線からの“守備”を評価されて代表入りしてるわけで・・・。

そんな“守備的FW”を集めておいて、「何がなんでも点を獲ろう」ってのも、なんだか矛盾を感じないでもないが・・・。

だいたい点を獲る気なんてはじめっからないだろ~、岡田さん。


maeda ryouichi3.jpg


なんてったって、昨シーズンJリーグ“得点王”、ジュビロ磐田の前田遼一を23人からハズしてるんだから!




というわけで例によってコレを。
(ことの詳細はコチラ http://j-league-world.blog.so-net.ne.jp/index/2







そしてこの試合。

雨にもかかわらず1万6000人入ったんだって?

この数を多いと考えるか少ないと考えるかは賛否両論あるかもしれない。



KOKURITSU KYOGIJO.jpg


まあ常識的には、「またしてもガラガラ」と考えるべきなんだろうがな・・・。




ただ、ここ2試合がまったくもってつまらない試合だったことを考えれば・・・。

そしてこの試合の相手が弱小国の香港だったことを考えれば・・・。

この雨の中かけつけた1万6000人のサポーターには拍手を送りたいほどだ。

そして、この試合の選手は誰一人ヘラヘラしてなかったと思うし、それどころか相手が香港なのにすごくがんばっていたと思う。


Active_Volcano_Screensaver_14107.jpg


こんなところで本気なのもどうかと思うが、必死さはすごく伝わってきたよ、日本代表、マジで!




なので、個人的には、試合そのものは推測していた以上に見応えがあったのは事実。

いや、相手が香港ということさえ無視すれば、非常に素晴らしい試合だったとも言えないことない。


しかし、3-0で勝ったにもかかわらず、サポーターは試合後にやはりブーイングを浴びせていたようだ。

で、ちょっと気になって調べてみたのだが・・・。

そしたら土曜の中スポの記事内で、またまた岡田監督のこんなコメントが・・・。


world cuo omedeto.jpg


「お客さんが少ないというのは、日本のサポーターが成熟してきたということ。何でもかんでも満員にはならない。いい試合ならオレでもチケットを取れない。1万6000人も来てくれたんだから。」

「オレが楽天的すぎなのかな?」





・・・おまえなー。

こんなこと言ってたのか、この香港戦のあとに。

そりゃ、けっこういい試合したわりにはサポーターもブーイングするっつーの。

で、この発言を聞いたサポーターの1人がこんなことを。


Sahara_desert.jpg


「ファンに訴えかけるものが今の日本代表にはないというのを分かってほしい」




当然だな・・・。

サポーターの気持ちをよく分かってるよ、このサポーターは。

さすがは雨の中駆けつけるだけのことはあるぜ・・・。

岡田さんもさー。

雨の中で寒い思いをしたサポーターにムチ打つようなこと言うのやめなよ、もう・・・。

このサポーターが、この日の雨とこの無神経な発言が原因で肺炎にでもかかろうものなら・・・。

岡田さんのせいだぞ、マジで!




さあ次は韓国戦か。

明日、2月14日(日)の19時15分から。

よかった、また19時15分で。

だって、昼だと競馬で見れないからね。

明日はダイヤモンドS(G3・東京芝3400)と、きさらぎ賞(G3・京都芝1800)があるから。

え?

競馬と岡田ジャパン、どっちが大事なんだって?


buenabisuta andou katumi ankatu.jpg


そんなの競馬に決まってるでしょうーが、競馬に!






明日の韓国戦は、東アジアチャンピオンのタイトルがかかった大事な最終戦。

まあ一部では「こんな大会どうでもいいでしょ」みたいなムードもあるようだが・・・。

ワールドカップでベスト4を目指すようなチームなら、こんなところで優勝を中国などにかっさらわれたりはしないというもの。

今の韓国は中国に0-3で敗れるような韓国なのだ。

当然、ここは3-0以上の勝利を期待しようじゃないの。

この勢いで優勝を頼むぞ、日本代表。



そして、万が一、仮に負けてしまうようなことがあった場合・・・。


KOKURITSU KYOGIJO.jpg


我らが岡田政権はどう責任をとるのか!





ココにも要注目だな・・・。

















nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

土曜に食べたパンがアタってしまったのだろうか、体調が・・・日本代表 VS 中国戦の感想 [日本代表]

体調がきついぜ・・・。

もう花粉症がきてるのかと思いきや・・・。

どうもハナ風邪なるものをひいてしまったようだ。

先週の金曜からだったかな・・・。

どうも体がだるくて。

アタマも痛いし、もういかんともしがたい。

何が原因なんだろ?


ap_red_pandas_baby.jpg


なんか変なもん食ったかなー?





でも金曜はまだマシだったはず・・・。

完全にこじらせたのは、おそらく土曜なんじゃないかと思うのだ。


そう、土曜に食ったパンが腐ってたんじゃないかと思えてしかたない。


いや、最初からやばいなーとは思ってたのだ・・・。


食ったら絶対なんかあるなと・・・。


でもせっかくだから食べるしかないし・・・。


だから仕方なく食べたのだ、そのパン・・・。



okada2.jpg


そう、その名も、岡田ジャ「パン」




もうどうしようもなかったよ、この岡田ジャパンときたら・・・。

何をどう作ったらこんなマズいもんを作り出せるのか・・・。

ありえん・・・。

ありえんだろ、こんなの・・・。

ちなみに、この岡田ジャパンの長である岡田さんが、こんな発言を。


EXILE okada japan.jpg


「お客さんのことに関しては、そこまで背負い切れないところがわたしにはあります。」




おまえなー・・・。

お客さんのことを考えずに作ってるのか?

そりゃ売れんだろ・・・。

売れるわけないぜ、岡田ジャパン・・・。

今やどこの企業も「お客様第一主義」でやってるというこのご時勢の中で・・・。



その日本代表 VS 中国代表戦(東京・味の素スタジアム)。

ベネズエラ戦に続いて、またしても 0-0 の冴えない試合だったのだが・・・。

この寒空の中、25,000人が集まったんだって?

ベネズエラ戦をさらに下回る、相変わらずの不人気ジャパンではあるものの・・・。

それでも応援にかけつけたサポーターはたいしたもんだよな~。

そんなサポーターに対して、岡田監督ときたら「お客さんのことに関しては、そこまで背負い切れないところがわたしにはあります」だなんて・・・。


騎士.jpg


そりゃ、ブーイングもするってば、サポーターも・・・。





てゆーか、あの状況でブーイングしなかったら、そのサポーターをこっちがブーイングしてやるところだ。

かけつけたサポーターの、空気を読んだ最高のブーイングだったんじゃないだろうか?


まいった。

もうまいったよ、岡田ジャパン。


唯一の見せ場といえば、もうコレだけ・・・。


narazaki seigo nagoya 3.jpg


試合終盤にさしかかった時間帯の、我が名古屋グランパスの守護神、GK楢崎のスーパーセーブによるPKストップ!






narazaki seigo nagoya 2.jpg


楢崎!







narasaki seigo nagoya.jpg


楢崎!!






narazaki seigo nagoya 4.jpg


楢崎~!!!





てゆーかなー。

楢崎がPKとめてなかったら、負けてたんじゃね、日本代表、マジで・・・?



ただね・・・。

この東アジアサッカー選手権で結果が出せないことがあろうものなら・・・。

犬飼会長も「岡田監督の解任」を検討に入れてるようなフシもあるようだし・・・。



明日のジョー.jpg


そういう意味では、ムリして止めなくてもよかったんだぞ、楢崎・・・。




いや、サポーターとしてこんなこと言っちゃイカンか・・・。

でもな~。

こんなことを願いながら試合を見るサポーターのつらい気持ちも考えてもらいたいもんだ。

そもそも我々は出資者なんだから。


japan soccer suporter.jpg


法的にはどう扱われようが、我々が十数年にわたってお金と時間を投じ、このサッカーというフィールドを育てるのに一役買ってきたことには変わりはない。




それだけに、協会がもっと空気を読める連中だったら、とっくに監督交代してるはずなんだが・・・。

彼らにそんな人間並みの知能があるようには思えないし・・・。

地震を予知できる魚たちのほうがよっぽど立派だとさえ言えよう。



最近、相撲界の朝青龍が現役引退に追い込まれたんだっけ?

なんでも「横綱の品格」とか言われて問題になってたようだが・・・。

でも、品格、品格ってねー。


Cold_Eye_.jpg


岡田さんの“品格”は問題にしなくてもいいのか、ん?




しかも、この岡田さん。

朝青龍と違って、解任されても話題にもあがりそうにない。

文章1行読んで終わる。

なんて悲しいことなのだろうか、サッカー日本代表よ・・・。




おかげでなー。

あまりのストレスから、日曜の韓国代表 VS チャイニーズ・タイペイ(台湾)戦、見ちまったぜ。

それも女子代表(笑)

ただ、これが意外と面白くて。

試合は韓国代表が大差で圧勝したんだけど、そういう内容以上に・・・。


Emma_Watson_Bikini.jpg


チャイニーズ・タイペイ(台湾)の選手がけっこうかわいいというか・・・。




ルックスもスタイルもいい娘が多くて、けっこういける。

韓国代表がかなり無骨な選手揃いだったこともあって、なおさら台湾の選手が引き立ってたとでもいうか・・・。

見てない方にはぜひ一度見てみることをお勧めしたいほどだ。

岡田ジャパンよりよっぽど楽しめるだろうから、きっと・・・。




さあ次は香港代表戦か。

2月11日(木)19時15分キックオフ。

しかも場所が国立競技場だって?


kasamatsu keiba.jpg


ますますガラガラ感いっぱいになる気がするんだが・・・。





いったい何考えてんだ、日本サッカー協会は?

同じ日の15時15分に、なでしこジャパン VS チャイニーズ・タイペイ戦があるから、もうそっちを楽しみにすることにしよう(笑)

まあさすがに香港戦は勝てると思うが・・・。

だが、勝ったからってどうなのだ?

どうにもなるもんでもないだろ。

所詮、相手は香港なんだから。


であればいっそのことここも苦しんでもらって、あわよくば0-1で負けてしまい・・・。


132026_I+laugh+at+your+pathetic%20iPod+Touch!.jpg


「岡田ジャパンを応援する価値なし!」とマスコミに騒がれるくらいのほうが、「ある意味盛り上がっておもしろいじゃん」と思ってしまうのは私だけだろうか?




「お前それでもサポーターかよ!」と思うなかれ。

これまで4年間に渡ってサポーターを全面無視してきた岡田さんには、ほとほと愛想が尽きてしまっているのだ。


だいたいな~。


maeda ryouichi3.jpg


おかしいだろ、得点王の前田遼一をメンバー23人からこんな簡単にハズしてしまってるなんて!




というわけで例によってコレを。
(ことの詳細はコチラ http://j-league-world.blog.so-net.ne.jp/index/2






まあ最大の勝負どころは韓国代表戦だろう。

この試合だけはマジで正念場だと思う。

韓国は南アフリカ・ワールドカップ出場国なわけだしね。

コレに無様な試合をするようじゃ、ホントにやばいよ、日本代表・・・。

そのためにも、せめて見せ場のたくさんある戦いぶりを見せてもらいたいもんだ。

そのためにもまずは香港戦。

もうちょっとマシな戦いを頼むぜ、岡田ジャパン・・・。

















nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

小倉大賞典 予想 &東アジアサッカー選手権、日本代表 VS 中国代表戦に向けての展望 [競馬]

東アジアサッカー選手権がいよいよ今日(2月6日)かー。

日本代表 VS 中国代表(東京・味の素スタジアム)。

19時からまたまたフジテレビで。

先日のキリンカップ、ベネスエラ戦はまったく論外の試合だったが・・・。



sea2.jpg


さあ今回はどうだろうか?





またまた本田朋子アナが同席するのだろうか?

で、フジテレビのここぞとばかりの気合が空回りして・・・。

いてもたってもいられずチャンネルを変えたり・・・。

あるいは音声を消したり・・・。

はたまた、いつもコメントをくださるえんむさんのように、岡田監督の映像を目にするたびに目を閉じなければならないハメになってしまうのか?(笑)



okada2.jpg


さあどうなる、岡田ジャパン





で、、昨シーズンJリーグ得点王である前田遼一がこのような不当を受けてもいいのかどうか・・・。

先日にひきつづきしばらくアンケートを載せることにしましたので、よろしければぜひご協力をお願いいたします。
(詳細はこちらにて http://j-league-world.blog.so-net.ne.jp/index/2

コレね。








そして、その日本代表の試合の前に、今日は競馬の小倉大賞典(G3・中京芝1800)がある。

なんだか今年は小倉開催がこの時期に無いようなので、代わりに中京競馬場でやるみたいなんだよね。

そう、私の地元・・・。

“小倉”大賞典を中京でやるなんてなんかヘンな感じがしないでもないが・・・。

まあいいや。

軽く予想を。



<小倉大賞典・G3・中京芝1800>

◎マイネルスターリー(三浦皇成)
〇テイエムアンコール(デムーロ)
▲ピエナビーナス
△ホッコーパドゥシャ
△インティライミ
△デストラメンテ
ドリームサンデー
△ダンスインザモア
△マヤノライジン




ここは本命マイネルスターリーでかたいんじゃないだろうか?

陣営も「メキメキ力をつけてきた」なんて強気なコメントもあるようだし・・・。

三浦騎手も、壮絶な落馬事故を招いた張本人として騎乗停止をくらって以降・・・。

なんだか調子が戻ってきた気もしないでもない。



TIDA.jpg


いける・・・。


いけるんじゃないだろうか、マイネルスターリーで!





まあここは中京だけに、相手は手広くいこう。

ぶっちゃけ、もう印の〇▲△を全て相手でBOX流ししようかとさえ考えている。

そこは我が地元、中京競馬場。

ナメたら痛い目にあうのは身をもって知っているというもの。

なのでここは手広く穴狙いで!

がんばるぞ。

競馬も!

そしてサッカー日本代表も!

















nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

ベネズエラ戦を終えて・・・前田遼一はホントにいらんのか、ん? [日本代表]

寒い試合だったな、キリンカップのベネスエラ戦・・・。

ホント寒い試合だったよ。

マジで。

なにしろ、なんの見どころもないまま、0-0で終了とは・・・。

久しぶりに見てしまった、こんな寒い試合・・・。

まずな~。


kasamatsu keiba.jpg


スタンドがガラガラすぎないか、おい?





ちなみに、この写真は私が笠松競馬場に行ったときの写真なんだが・・・。

けっこう大差なかった気がするぞ、コレと。



south africa soccer ball girl.jpg


さすがだ、ワールドカップイヤー・・・。





ニュース記事なんかを見ると、「平日の試合だからしかたない」みたいなことが書いてあったが・・・。

そうだよな。

これは平日開催だからみな仕事が忙しかっただけで・・・。



Sahara_desert.jpg


「岡田ジャパンの試合なんてわざわざ見に行く価値なんてねーよ」なんていう、サポーターの意思表示じゃないよな?




ワールドカップイヤーということで、サポーターもワクワクしながら待ち望んでいる今年2010年の初戦・・・。

集まったのが2万7000人か~・・・。

ふつうに浦和レッズのほうが多いんじゃね?

日本全土よりも埼玉県のほうが上ってことだよね、コレ?

その浦和レッズもフィンケ監督のせいで観客数が激減したそうだが・・・。

それでも4万人は入ってるそうだから、まだまだ浦和のほうが上だ。

たしかジーコジャパンのころって4~5万人くらい平均して入ってたよね?

そこから考えると、岡田ジャパンは半分になってるってことか・・・。



vuvuzela.jpg


いや~、大いに盛り上がってるじゃねーか、ワールドカップイヤー!!




さあこの大変盛り上がった状況を、我々サポーターはどのように受け止めればいいのだろうか?

フジテレビのメンバーもそれはもう豪華だったよ。

メイン実況の青嶋アナを筆頭に・・・。



honda tomoko.jpg


ヴォルフスブルクの長谷部誠の恋人とも噂される、本田朋子アナまで同席。




さらには『すぽると!』でおなじみの風間&清水をダブルで解説にもってくるという、なんともぜいたくな解説者コンビ・・・。

ぶっちゃけ、凄い気合の入れようだったぜ、フジテレビ・・・。



だがな・・・。




kasamatsu keiba.jpg


コレはなんだ、コレは!

(何度もしつこいようですが、この写真は笠松競馬場です、はい)





おかげでなー。

凍ってたぞ、フジテレビの豪華スタッフたち・・・。

マジで。

そりゃ凍るわな~、こんな試合見せられたら・・・。

しまいにゃ、電波さえも凍る。

相手のベネズエラ代表は、今年のワールドカップ出られないんだっけ?

日本と違ってシーズン中とはいえ・・・。

海外組やレギュラー組はほとんどおらず、1.5軍みたいな感じのメンバーだったて情報もどこかで目にしたが・・・。


しかし、さすがは我らが岡田監督。

試合後のコメントも一味違うぜ。



okada2.jpg


「ベネズエラはすばらしい準備をして、すばらしいプレッシャーをかけてくれた」




見事・・・。

見事なまでの“KY”ぶりだ、岡田監督。



ちなみに、犬飼会長は試合後ご立腹だったようで・・・。



Active_Volcano_Screensaver_14107.jpg


「言うことないよ、あんな試合!(怒)」





こう一蹴してその場を立ち去ったとかなんとか・・・。

こっちはちゃんとサポーターの気持ちを理解してくれてるようだ。

そうだ!

これから「おかだ」監督のことをこう呼ぶことにしよう。

「おか」しい「だ」ろ、この監督。

略して「おかだ」監督、みたいな(笑)


なになに?

ベネズエラが思ってた以上に素晴らしかったって?

じゃあその言葉をフジテレビの本田朋子アナの前で堂々と言ってやってくれ。



hasebe+makoto_300.jpg


破局するぞ、長谷部・・・。





さあいったいこの先、岡田ジャパンはどうなっていくのだろうか?

ワールドカップでベスト4に入るのが目標なんだっけ?

そもそも、強い日本代表を作るためにJリーグを立ち上げたんだっけ?

そうかー。

そうか、そうかー。

じゃあ強い日本代表作って、ベスト4に入って、喜ぼうじゃないの。



kasamatsu keiba.jpg


このガラガラのスタンドでな・・・。

(何度もしつこいですが、コレは笠松競馬場の写真です、はい)





なんだかなー。

このあと2月6日(土)は、ホームで東アジアサッカー選手権が始まるんだよね?

初戦の相手は東京の味の素スタジアムで中国代表。

メンバーも確定したようだが・・・。

セレッソ大阪のMF乾(いぬい)と・・・。

鹿島アントラーズのFW興梠(こおろき)と・・・。



isikawa naohiro3.jpg


FC東京のMF石川直宏・・・。





この3人がメンバーから落選したらしい。

個人的には石川は見たかったんだが・・・。

ケガ明けだからね。

しかたないのかも。

昨シーズン、MFでありながらあれだけバコバコ得点を取りまくって、15ゴールもあげたんだから・・・。



ishikawa fc tokyo.jpg


決して、岡田監督の純然たる選考からもれてしまっているわけではないよね、石川直宏?




ただなー。

決定的に気になってるのが1人だけ・・・。


maeda ryouichi3.jpg


ジュビロ磐田の“絶対的ストライカー”前田遼一・・・。





昨シーズンのJリーグの得点王だよね、前田?

20ゴールだっけ?

2位がジュニーニョ(川崎)とエジミウソン(浦和)の17ゴールだから、この数字はダントツとさえ言えよう。

そもそも日本人でJリーグ得点王に輝いた選手って少ないと思うんだが・・・。


浦和レッズの福田と・・・。

ベルディ川崎のカズと・・・。

ジュビロ磐田の中山と・・・。

ジュビロ磐田の高原と・・・。

ジュビロ磐田の前田遼一。


この5人だけ。

5人だけだ。

その5人に名を連ねている、今がまさに旬である前田遼一が・・・。

このベネズエラ戦および東アジア選手権から代表落選している現状を・・・。



japan soccer suporter.jpg


サポーターとしてはいったいどのように受け止めればいいのか!




もっとも、コレは昨年の12月の時点ですでに分かっていたことではある。

なんでも・・・。

岡田監督と前田との間でサッカー観の違いがあったようで・・・。



EXILE okada japan.jpg


「オレのやり方に不満があるようなら、ムリして代表に来てもらう必要はないんだぞ」




岡田監督がこう前田に話したとかなんとか・・・。

そんな記事を目にした記憶がある。

もっとも、私もうっすらとした記憶しかないため、どこまで信憑性があるかは定かではないんだが・・・。

まあでも岡田さんよ。

呼ばないってことは何らかの確固たる理由があるってことなんだろう。

でもね・・・。

あんたは「来てもらう必要はない」のかもしれんが・・・。



maeda ryouichi2.jpg


サポーターとしては大いに来てほしい選手なんだけどな、前田遼一!




別にね。

今選ばれてる選手たちに不満があるわけじゃないのだ。

どの選手も実力がある選手ばっかなんだから、それはそれで納得はできるというもの。

ただね・・・。



nannkyoku monogatari.jpg


Jリーグ得点王を23人に選ばないだなんて、いくらなんでも横暴すぎやしないか、岡田さんよ?




サポーターのみなさんはどう思ってるんだろう?

得点王の前田が選ばれないのはなんとも思わないだろうか?

もしよろしければ、ぜひ前田に関する意見をお聞かせください。

もちろん賛否両論問わず。

そりゃあね。

コレが全然活躍できなくて「前田ぜんぜんダメじゃん」ってことならば、こっちも納得できるのだ。

でも、今はまさに“得点王”で、最も結果を出してるFWなわけだしね。

なんだかサポーターとしては不信感を抱かずにはいられないのが正直な気持ちで・・・。

こんなものまで作ってしまった。







前田遼一のアンケートです、はい。

今後のブログ記事を書くうえで参考にしたいので、もしよろしければ、ぜひご意見をお聞かせください。



さあ次はいよいよ東アジアサッカー選手権。

2月6日までの日本代表の動向には要チェックだな、こりゃ。

それまでのドタバタ劇を楽しむことにしよう。















nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

闘莉王が・・・そうかー、闘莉王が酒をやめたかー [日本代表]

日曜の競馬は散々だったな・・・。

根岸S(G3・東京D1400)・・・。

いい感じの予想はできてたんだが・・・。


明日のジョー.jpg


本命サマーウインドが惜しくも2着で・・・。


馬券はむなしくもハズレ・・・。




2着じゃダメなんですよ。

1着じゃなきゃ。

まあ仕方ない。

今週またがんばろう。




japan soccer okada.jpg


で、今日、2月2日(火)はキリンカップ2010、日本代表 VS ベネズエラ戦がある。




19時10分キックオフかー。

間に合うように帰ってこないとな。

それにしても久々にサッカーの試合が見れてうれしいぜ。

こないだは見れんかったからね。

アウェイのイエメン代表戦。


nannkyoku monogatari.jpg


あろうことか、テレビで放映してくれないもんだから・・・。





「平山がハットトリック」とか活字だけで言われてもな~。

北朝鮮のような、都合のいい情報しか流さないウソつき国家だってあるんだから。

実は、テレビのニュースでも映像を見逃してしまったから、結局あれがホントだったかどうか・・・。

私の中では、いまだに分かりゃしない。

そういう意味でも今日のベネズエラ戦は楽しみなのだ。

噂の平山がホントに救世主なのかどうか・・・。



中スポの記事によると・・・。



Michael Jackson - This Is It Movie Trailer (Official Music Video) - These bloopers are hilarious


『平山、マイケルダンスで代表追放も』





なーんて見出しで取り上げられてるようだが・・・。

なんでも、岡田監督が「相手に敬意を払う意味で、ド派手なゴールパフォーマンスは事実上、禁止」と定めてるため・・・。

マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」に影響を受けた平山が、ゴール後に新ダンスを披露することで、岡田監督の心象が悪くなるんじゃないかとかなんとか・・・。


そうかー。

そんな規定が今の岡田ジャパンにはあるのかー。


Cold_Eye_.jpg


じゃあやってやれ、平山!


岡田監督にケツでも向けながら・・・。





岡田監督がなんだか知らんが、サポーターは大歓迎だぞ、平山。

なになに?

それだと代表追放?

大丈夫。

追放はお前だ、岡田さんよ。

カズダンス並みのド派手なパフォーマンスをサポーターのために頼むぜ、平山。




で、もう1コ気になったのがコレ。

こっちはこっちでこんな見出しが・・・。


tulio1.jpg


『あの闘莉王(トゥーリオ)が生ビールを我慢した』





なんでも、自己管理に問題のある闘莉王(トゥーリオ)に対し、岡田監督が中澤を監視役につけており・・・。

で、これまで中澤が闘莉王(トゥーリオ)を教育してきた結果・・・。

焼肉屋で行われた決起集会で、なんと闘莉王(トゥーリオ)がビールを頼まなかったらしい。

これまでならまっ先に「生ビール!」と大声を張り上げていた闘莉王(トゥーリオ)がビールを我慢して・・・。

ついにここへきて闘莉王(トゥーリオ)も成長した・・・とかなんとか。


そうかー。

闘莉王(トゥーリオ)が生ビールを頼まなかったかー。

そうかー。

よかったよかった。


ってなー。




beer.jpg


いかんだろ、そもそも一流アスリートがビールなんかガンガンに飲んでちゃ・・・。




そうだったのか・・・。

言われてみると、そういう選手がいるという噂を以前にも記事で目にしたことがあったが・・・。

あれは闘莉王(トゥーリオ)だったのか・・・。

そういえば、試合中、顔が赤くなってるときがけっこうあったなー。

あれは闘莉王(トゥーリオ)の勝負にかける執念からくる“闘気”のようなものだと思ってたが・・・。


FFX2 tida2.jpg


実はビールだったのかもしれんということも・・・。





しまった・・・。

私はだまされていたのか・・・。




まさか闘莉王(トゥーリオ)がビールを飲みながら、オーストラリア代表戦でゴールを叩き込んでたかもしれないとは・・・。




気づかなかったぜ・・・。

全然まったく・・・。


もしや、まさかあの大胆不敵な“暴走トラック”なみのオーバーラップも・・・。


inshu unten.jpg


実はただの酔っ払い運転だったなんてこたーないだろーなー、闘莉王(トゥーリオ)・・・。




まあでも、その闘莉王(トゥーリオ)がビールを我慢したというのだ。

自己管理でプラスアルファが見込めるというのであれば、この先のパフォーマンスも今まで以上に上がってくると期待できるというもの。

楽しみじゃないの、闘莉王(トゥーリオ)。




いずれにせよ・・・。


ap_red_pandas_baby.jpg


まあ相手はベネズエラだからね。





そんなに強くないだろ、きっと。

なので、ここは日本代表の個々の選手のプレーを楽しもうじゃないの。

本番は、2月6日(土)からの東アジアサッカー選手権だから、ベネズエラ戦は叩き台みたいなもんだ。



hirayama sota.jpg


自らの代表生命をかけ、岡田監督に対してケンカ上等の“マイケル・ダンス”をする平山に・・・。






tulio7.jpg


今やすっかり“ノンアルコール”で、ピッチ上での飲酒運転をやめることになった闘莉王(トゥーリオ)・・・。



楽しみだぜ。





















nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。